本庄特別支援学校より(今日の出来事)

ボール投げ教室

本日、今年度第2回目の『ボール投げ教室』がありました。

今回は小高の児童が、講師の先生方3名と活動している様子をお伝えします。

 ミカン狩りのをする時のように、握ったミカンをもぎ取ります。

 投げるにはスナップが大事です。

 

 

 

 

 

 今度は団扇を使って、近くの友達に風を送ります。

 これもまた、スナップを効かせて投げるコツの練習です。

 

 

 

今度は“ピコピコハンマー”でスナップの練習です。自分の手を叩く練習をした後に、今度は振りかぶってタイヤを叩きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に本日の仕上げとして、いよいよボールを握って投げる練習です。まずは、お神輿を担ぐように腕を動かして、「いち、に、さーん!」で実際に投げてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

スナップを効かせて投げた球は、校庭のあちこちに飛んでいきました。

本日も、あつべえ先生を始め諸先生方の熱の入った御指導のおかげで、子どもたちも楽しく身体を動かすことができました。

次回はどんな投げ方の練習をするのか、とても楽しみです。