本庄特別支援学校より(今日の出来事)

小学部稲刈り

 小学部、生活単元学習「田んぼ」シリーズです。
 7月に植えた苗が立派に育ち、今日は稲刈りです。
 小学部高学年が、特養老人ホーム「トマト村」さんの職員の御指導のもと稲刈りを行いました。各学年で順番を決め、稲刈り開始。2年目の取組なので、昨年経験している5.6年生は手慣れたものです。順番待ちの児童は、お友達の稲刈りの様子を見て自分の番に備えます。
 
 
 
 
 
 
 
 刈終えた稲をバックにハイポーズ!
 稲は2,3カ月乾燥させ精米するそうです。
 
 田んぼ先生(稲刈りを教えていただきた方)によると、
 「他の田んぼで植えたものより粒が大きく、数も多く30kg位になるだろう。」「これは、みんなが気持ちを込めて、手植えしたからです。」とのことでした。
 今年のもち米も大豊作です!
 年明けには、「トマト村」の利用者さんと一緒に、餅つきとお正月遊びをする予定です。
 毎年、お忙しい中、本校の教育活動に御協力していただいている「トマト村」の理事長さんをはじめ、職員の皆さん、ありがとうございます。
 1月の餅つきが楽しみです。