本庄特別支援学校より(今日の出来事)

横断幕が掲げられました

 正門を入ると、正面に小久保寛太選手(卒業生)の東京2020パラリンピック競技大会出場をお祝いする大きな横断幕が掲げられています。

 また、日頃より本校に御支援をいただいている本庄市で壮行会を開いてくださり、小久保選手とコーチの樋口教諭が参加いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 市長様より、花束と激励の御言葉を頂戴し、小久保選手は「がんばります!」と意気込みを発表しました。

 

 パラリンピックまであと1ヶ月。毎日、校庭の小さな砂場で、練習に励んでいた小久保選手です。「調子はどうですか?」との質問に、笑顔で「良いです!」と答えてくれました。代表決定前の不安な面持ちは消え、期待に胸を膨らませている様子が感じ取られました。

 『金メダル目指して…大ジャンプ!』