本庄特別支援学校より(今日の出来事)

高2 交流すごろく大会

 本日、高等部2年生は学年レクで「交流すごろく大会」を行いました。このすごろく大会は、学年の生徒を4グループに分けて、各教室(4部屋)と進行する教員がいるPC室をタブレット端末のZoom機能で繋ぎ、感染予防対策をしながら交流を図る「新しい生活様式」の授業スタイルです。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 パソコン室からの指令を受けてサイコロを振ります。

 

 

 

 

 生徒たちが考えた指令カードのミッションを達成すると、指定されたマス目まで進むことができます。(写真は、恐竜の真似をして6コマ歩いている様子です。)

 


 

 

 

 

                                                                      

 

 今回の学年レクについて、生徒たちに感想を聞いてみたところ「去年は、交流できなかった他のクラスの友達と一緒に活動ができて楽しいです。」や、「感染予防対策しながら楽しめています。」等、話してくれたり、違うクラスの友達との交流に笑顔や関わりが多く見られたりしていました。

 「新しい生活様式」での学校生活が続いていますが、感染予防対策をしながら学年の友達との楽しい交流活動は、1学期頑張ってきたご褒美でもありますね。