本庄特別支援学校より(今日の出来事)

(ほんじょうとくべつしえんがっこうより)

異年齢交流

 昨年から行われている、地元敬老会の方との交流が今年度も中学部でスタートしました。第1回目は、ゲームとダンスグループにわかれ交流しました。
 
 「それっ!」敬老会の方も童心にかえり、ベーゴマ回しに気合が入ります!
 上手に回ると、生徒から「すげー!!」と大きな歓声と拍手が!
 実は、ベーゴマが学校にあったものの誰も回せなかったのであきらめていたそうです。
 
 体育館では、本校伝統のフォークダンス「ハーモニカ」を一緒にダンス。
 その後は、オクラホマミキサーを踊りました。
 
 第2回目が楽しみです!

小松弥生教育長が来校されました。

 10月23日(水)に埼玉県教育委員会 小松弥生教育長が来校されました。
 本校の活動を見学していただきました。
 
 校庭では、熱いぞ熊谷からの野球教室 長濱茂雄さんによる「投げる学習」(5回目)を見学。小学部の児童が元気に活動する姿を見学していただきました。
 
 この日は、中高合同の作業学習会でした。陶芸班では、生徒の隣に座り、丁寧に作業する場面を褒めていただきました。
 
 木工班では、生徒1人ひとりに応じた、工具の工夫、補助具の開発など、熱心に聞いていました。
 
 最後は、高等部クリエイト班が行っている「喫茶クローバー」に来店していただきました。
 
 注文したコーヒー・ケーキセットが来る前に、農耕班が現在「菓子処たかはし」さんと商品開発を進めている豆菓子の試作品がちょうどできたので、小松教育長に味見をしていただきました。「とってもおいしい」との評価をいただきました。試作品ができるまでの工程を、農耕班の生徒の代表が熱く語りました。
 この豆菓子は、ハートまつり、菓子処たかはしさんの店舗で販売いたします。
 ぜひ、小松教育長のお墨付き「豆菓子」を御賞味下さい。

 児童生徒一人一人に応じた指導支援や地域との協働(コミュニティ・スクール)の取組等、良い評価をいただくことができました。

地元栗崎で勉強しています!

 毎週金曜日に、本校では地域の企業や官公庁等の場をお借りして高等部の自立型の生徒が勉強させていただきたいます。
 今年から地元栗崎にある「大谷園芸」さんにお世話になっております。
 クリスマスに向け「ポインセチア」を育てています。
 ポインセチアにも様々な色があることを知りました。

 生徒は…

 小雨の中でしたが、一生懸命作業をしていました。

生徒にインタビューしてみました。
Q:「今日の仕事は何をやっていますか?」
A:「今日は、3000鉢 肥料を4粒ずつ入れる作業をしています。」

Q:「雨の中大変だね。」
A:「こんなの雨のうちにはいりません!」

Q:「根気のいる作業だけど飽きませんか?」
A:「静かな中、自分の世界に入って集中できるので飽きたりはしません。」

 こんな答えが返ってきました。
 確実に、自立に向けて成長していることを感じました。

 年間を通じて毎週金曜日に行う「本特デュアルシステム」。
 地域に出て、本物を体験させていただくことで、生徒・引率教員も取り組む姿が意欲的です。
 
 地域と共にある学校を目指し、地域貢献活動にも力を入れていきます。

公民館まつり(北泉公民館・南公民館)

 台風19号が過ぎ去り、天気は気持ちよい秋晴れ。
 13日(日)の北泉公民館まつりに、本校児童生徒の美術作品を展示していただきました。

 横向きで見にくくてごめんなさい。
 当日は、本校職員がアコーディオンを演奏しお祭りを盛り上げました。
 また、児童生徒の作品を来場した方に説明をしたり、学校公開とハートまつり(文化祭)、さらに、本校のマスコットキャラクター「ハートちゃん」がゆるキャラグランぶりにエントリーしているため宣伝をさせていただきました。

 南公民館まつりでは、職員と高等部生徒が参加し、作業製品販売を行いました。
木工班のベンチ・踏み台は、大人気!ハートまつりでも販売しますので是非お買い求めください。

 両公民館には毎年、様々な協働活動でお世話になっております。
 今年の12月7日(土)に行われるハートまつりでは、北泉公民館の「大正琴クラブ」のスペシャルコンサートがありますので、ご近所お誘いあわせの上、御来場ください。
 下の写真は、先日本校体育館で行われたリハーサルの様子です。

リサイクル班 缶の回収

日頃より缶のリサイクルに御協力いただき、ありがとうございます。
10月15日より高等部の校内実習がスタートしました。
6月より4か月間作業した缶を
回収業者に引き渡しました。
総重量は120kgです。

引き続き、不要になった缶の
回収に御協力よろしくお願いします。 リサイクル班