本庄特別支援学校より(今日の出来事)

(ほんじょうとくべつしえんがっこうより)

小高 学習発表会の練習

 小学部高学年では、月末に控えた学習発表会に向けて、練習を重ねています。これまでに学習してきたことを、保護者の皆様に見ていただける機会のため、子どもたちも毎日一生懸命取り組んでいます。

 各学年の練習の様子をご紹介します。

【6年生】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【5年生】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【4年生】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仕上がりも上々、本番までもう一息練習を重ねていきたいです。

 

 本日より、埼玉県もまん延防止等重点措置が出されました。引き続き、感染予防対策を講じながら学校生活を続けていきたいと考えております。

 

中3 作業班見学

 中学部3年生は、来週予定されている中高合同作業に向けた事前学習の一環として、高等部の作業学習を見学しました。

 

 

【木工班】

 マルチストッカーを制作する先輩の様子を見学しました。

 

 

 

 

【家庭班】

 組み紐を編んでいる先輩の様子を見学しました。

 

 

 

 

【メンテナンス班】

 本日は受注作業で小学部から依頼された課題ボックスを組み立てている先輩の様子を見学しました。

 

 

 

【リサイクル班】

 ベルク様からご提供いただいているアルミ缶の仕分け作業をしている先輩の様子を見学しました。

 

 

 掲載は、一部の作業班の様子のみとなりますが、見学は学級毎に全ての作業班をまわりました。

 参観中は、高等部の担当職員の話をよく聞き、先輩たちが集中して真剣に作業学習に取り組んでいる様子を熱心に見学していました。

 来週、実際に一緒に作業学習を行っている様子は改めてご紹介する予定でいますが、中学部の生徒も高等部の生徒も、互いの学びの場となるこの機会に、教職員は生徒たちの新たな成長を期待し、課題の準備をしていきます。

 

 

生徒会役員 新旧引継ぎ式

 

 年末に行われた生徒会役員選挙の結果を受け、新旧役員の引継ぎ式がリモート形式で行われました。

「これから、引継ぎ式を始めます。」

 

 

 

 今年度の役員に学部主事より感謝状が渡され、代表して会長が受け取りました。

 現会長から次のような話がありました。

 

 

 「会長に就任してから、遅刻や欠席、体調管理、忘れ物や提出物の期限を守る等の自己管理を心がけ、学校のルールや交通ルールを守って生徒の見本になれるよう努力しました。それまで苦手だった人前で話すことを克服できるよう頑張りました。新しい役員も、これから大変なことがたくさんあると思いますが、先輩たちが作った伝統を引き継いで頑張ってください。」

 

 続いて新役員に任命状が渡され、代表して新生徒会長が受け取りました。

 新会長の決意表明としして次のような話がありました。

 

 

 「前役員の仕事を引き継ぐだけでなく、学校に新しい風を吹かせられるように誠心誠意尽くし、学校のためにできることをやっていきたいです。」

 

 最後に学部主事より、旧役員への感謝の意と、新役員への激励の言葉、高等部生徒たちへ次のような話しがありました。

 

 

 

 「学校を作るのは、生徒一人一人です。そのために、あいさつをしっかりする。時間を守る。一人ひとりがより良い学校を作っていけるよう、自分にできることを頑張りましょう!」

 

 毎日の積み重ねが、現場実習等に活かされると思います。今日の話を心に留めて、日々取り組んでいってほしいです。

 

 

高等部デュアル学習

本日は高等部のデュアル学習の様子をお伝えします。

高等部は4つの教育課程に分かれています。職業移行型、職業自立型の2つのクラスは、木曜日、金曜日に協力いただいている、企業や公共施設等で実際に働きながら学習する、デュアル学習を行っています。

「はにぽんプラザ」では、これまで敷地内の樹木の剪定や研修会の資料のとじ込み・利用書の作成等、様々なことを行っております。

この写真は、研修会のアンケートの集計を行っている様子です。最初はミスがないよう二人で行い、一人が読み上げ、もう一人が入力する、という形で行いました。作業に戸惑いながらも、240人分の入力作業を終えることができました。

      

これは先週の様子です。一人一台のパソコンで、研修会のアンケートの入力作業を行うことができました。先週は120人分の入力でしたが、スムーズに完了することができました。

      

作業を行いながら、「利用書は一年間使うからきれいに作ってほしい」、「アンケートは来年の研修の参考にするからミスのないようにしてほしい」等、色々と要望がありますが、生徒たちは期待に沿えるように頑張っています。

昼食を食べながら「今日はいつもより疲れました」、「なんだか肩が痛いです」等とパソコン入力でミスがないよう、緊張していた様子の発言もあります。

最後に職員の方から、「皆さんのおかげで、この後の作業ができます。ありがとう。ご苦労様でした。」と言われ、ホッとする生徒の顔を見ると頑張って作業を終えた様子がわかります。

今回は学校とは違った緊張感の中での学びを経験しながら、日々成長している生徒の姿をお伝えしました。

身体測定

 毎学期始めに、身体測定が行われます。本日の中学部1年生を皮切りに全児童生徒が実施します。9月の身長体重から、どのくらい大きくなっているでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 身長計の柱に踵と背中をつけてあごを引いて…姿勢を整えて計測します。伸び盛りの中学生!「〇cm、伸びましたよ!」と養護教諭からの声に、生徒は「やったー!」と喜び合っていました。

 

 

 入室前に個別消毒をし、一人計測が終わる毎に、消毒して感染予防対策を講じながらの実施です。

 

 

 

  

 続いて体重測定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 計測した体重を聞いて「ちょっと増えたかな?」と心配そうな生徒もいましたが、「身長も伸びているから、順調な成長ですよ!」と養護教諭からの返答に、にっこり笑って靴下の着用等身支度を整え、保健室を後にしていきました。

 

 個別の記録は計測後に、「けんこうの記録」を各家庭に配布しますのでそちらからご確認ください。

 養護教諭に話を聞くと、冬休み明けは生活リズムが乱れてしまい寝不足で来室する児童生徒もいるそうです。まずは睡眠と栄養をしっかり取って、生活リズムを整えましょう。また、感染症が心配されますので、マスクの着用、手洗い、うがい、手指消毒、換気の感染予防対策も引き続きご協力をお願いいたします。