本庄特別支援学校より(今日の出来事)

(ほんじょうとくべつしえんがっこうより)

中学部 夏祭り

 今日は七夕です。中学部では、3年生が夏祭りを企画し、1・2年生を招待しておもてなしし、みんなで楽しい時間を過ごしました。

 3年生が各クラスで事前に準備してくれた、「金魚すくいコーナー」「ゲームコーナー」「食べ物コーナー」は、開店前から見事な品揃えです。密にならないように時間を区切って、各教室を体験して回りました。

<金魚すくいコーナー>

 

 

 

 

 

 

 

 

<ゲームコーナー>

 

 

 

 

 

 

 

 

<食べ物コーナー>

 

 

 

 

 

 

 3年生が準備してくれた各コーナーは、どこもとても魅力的で、お客さんの1・2年生からは「金魚すくいが楽しかったです」「食べ物コーナーが良かったです」等の、感想を教えてくれました。また、終わった後、「ありがとうございました!」と、感謝の気持ちを伝えられていました。

 今年もコロナで、お祭りが実施できない状況が続いていますが、本特の中学部では手作りの夏祭りを通じ、とても賑やかで楽しい夏の思い出を作ることができたようです。おもてなしをする3年生も、体験する1・2年生からも、笑顔がたくさん見られました。

 

臨床心理士(CP)巡回相談

 今年度も、特別非常勤講師(臨床心理士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士)による巡回相談が年に各3~6回計画されています。専門家からの助言を受け、児童生徒の教育・支援や家庭生活に生かすことを目的としています。

 今日は、今年度も引き続きお世話になっている、鏡臨床心理士による巡回相談が行われ、小学部を中心に相談を受けていただきました。

 

 

 

 

 

 

 まずは、児童の活動の様子の参観です。保護者の方や、担任からの主訴に応じ、今後の支援のポイントとなりそうなお子さんの様子を、担任が直接指導している場を見ながら確認していただきます。

 

 活動の様子等から、主訴となる点への支援のポイントを面談で直接伝えてくださいます。(今回の写真は、担任面談の風景です。保護者の方が直接お話を聞くことも可能です。)

 

 

 今回の助言が、明日から児童のより良い支援に繋がるよう、チームで連携して取り組んでいきます。

 鏡先生は、毎回遠路本校まで巡回に来てくださいます。御本人も、「楽しみにしています」とお話しされていますが、私たちも次はどんなアドバイスをいただけるか、その日を楽しみにしています。

 鏡臨床心理士(Clinical Psychologist)の専門分野は、認知発達治療(子どもの認知・言語・情緒・対人関係・行動のコントロールなどの発達)、太田ステージ等です。

 

第1回 学校運営協議会

 本日、今年度「第1回学校運営協議会」が開催され、9名のうち8名の委員の方々が御来校くださいました。

 

 

 

 

 

 

 コミュニティ・スクール「地域とともにある学校」として、本校の歩みは3年目となりました。昨年度は、様々な制限や条件により、教育活動が足踏みせざるを得ませんでした。

 本年も、まだ感染対策が必要な学校生活です。行事や交流が中止や延期となっています。

 そのような中でも、児童生徒の思いや願いを大切にし、自己実現に向けた教育活動を地域も応援してくださる言葉をたくさんいただきました。学校だけでは完結せず、社会の中で子ども達を育てていく話し合いの場となりました。

 学校運営協議会の皆様、本日は心強いお言葉を有難うございました。

 

 

 

デュアル、始動!!

 7月に入り、梅雨らしい雨の降る日が続いています。そんな中、今年度の就業体験学習(デュアルシステム)がスタートしました。

 出発前、班ごとにミーティングを行い、健康観察、持ち物、挨拶・マナー等の心構え、自転車移動中の留意事項等の確認を行いました。

 

 

 

 

 

 

 雨の中、身支度を整え出発です。

 

 

 

 

 

 

 今日は初回ということで、出発までの準備に予定より時間を要し緊張した面持ちで出発した生徒たちですが、年間20回のデュアル学習を終えるころには経験を重ね、見通しをもって行動できる場面が増えると思います。

 今年度も、「本特版デュアルシステム」に御協力くださる企業・官公庁様、ありがとうございます。本校HPに、一覧を掲載しておりますのでそちらも併せて御覧ください。

 

福祉サービスセミナー

本日、本校会議室にて「福祉サービスセミナー」が開催され、希望された保護者の皆様が参加されました。

 全体会の様子

講話『相談支援事業所について』

相談支援事業所・ルピナス本庄様より、〇相談支援事業所とはどんなところか、〇利用の手続きについて、〇どんなときに利用するものなのかについて、お話をしていただきました。

 

続いて分科会(本庄児玉郡市・深谷市)に分かれ、各市町の福祉課様より①卒業までの手続きについて ②福祉サービスの利用の流れ、手続きに必要なもの ③区分が必要となるときについて ④計画相談について の説明を受け、個別の質疑に応じていただきました。
 

 

 

 

 

 

終了後、参加した方に感想を聞いてみると、

「本校を卒業後のイメージがなかなか持てないので、参加して色々聞いてみようと思いました。参考になりました。」

「これまで、相談支援とはなにか分からなかったので、卒業後を考えると取り入れた方が良いのだなと思いました。」

「今までの中で、一番分かりやすい説明でした。資料もカラーで、とても分かりやすかったです。」

等、いろいろと考えていただく一助となったようです。

 

ルピナス本庄様、各市町の福祉課様、本日は公務御多用の中、御来校いただきありがとうございました。引き続き、本校の児童生徒への御支援をよろしくお願い申し上げます。