本庄特別支援学校より(今日の出来事)

(ほんじょうとくべつしえんがっこうより)

ゴミの分別をしよう!

 中学部1年生では、「職業・家庭」の時間に弁別の学習をしました。今回は、”弁別して地球を救おう!”というテーマで、アルミ缶とスチール缶の見分け方の違いを知り、実際に弁別してみました。

 

 

 

 

 

 

 アルミ缶は柔らかくて潰しやすい、スチール缶は硬くて潰しにくく磁石にくっつくという特徴を学びました。家庭でもリサイクルに取り組めるように、まずはアルミ缶かスチール缶かを確かめ、アルミ缶を段ボールの上で潰しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週分別した缶と、先週学習したペットボトルを併せて、日頃から大変お世話になっている北泉公民館様のリサイクルコーナーに届けに行く予定です。

 今回学習したことを家庭での弁別、リサイクル方法にも役立てられることと思います。

 

応援グッズを寄付していただきました!

 本庄市役所、オリパラ支援室様より、東京パラリンピック聖火リレーの応援ペンライトを300本寄付していただきました。

 本日、児童生徒に1本ずつ配布させていただきました。

 パラリンピックの熱意と感動を再び味わいたいと思います。本庄市役所(オリパラ支援室)の皆様、ありがとうございました。

 

 

高1,2 校内防災学習

 今月計画されていた、埼玉県防災学習センターでの社会体験学習が中止となってしまったため、高等部1年生と2年生は校内で防災学習を行いました。

 学年ごとに実施日を設定し、学級・グループに分かれて①消火器体験②パネル鑑賞③ビデオ視聴の3つの活動をしました。

 

 

 

 

 

 

 消火器体験。(消火器は、本校が日頃からお世話になっている、児玉郡市広域消防本部様より水消火器をお借りしました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東日本大震災のパネル鑑賞、ビデオ視聴。(資料は、埼玉県防災学習センター様よりお借りしました。)

 

 

 

 

 

 

 現地での体験は実施を見合わせることとしましたが、各所からいろいろな物をお借りすることができ、学校で落ち着いた学習に取り組むことができました。

 今回の疑似体験で得られたことを、今後の生活の中で活かせると良いと思いますが、何より災害が起こらないことを願ってやみません。

 

 

小久保先輩、凱旋!

 今日は、小久保先輩がパラリンピックの報告に来校してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染予防対策のため、リモートでの報告会となりましたが、先輩が報告に来てくれるのを後輩たちはとても楽しみに待っていました。

 報告会では、ご本人から「東京パラリンピックで自己新記録を更新しました」「目標にしていた7mを跳ぶことができました。一本目で記録がでてビックリしました」等のお話を聞くことができました。

 後輩から、代表の挨拶があり、児童生徒みんなで作った横断幕の贈呈が行われました。

 

 

 

 

 

       

 小久保先輩は、「このメッセージのおかげで、7m跳べました!」と後輩たちに感謝の言葉を述べてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、後輩たちからも色々な質問が寄せられました。小久保先輩が在学時代から彼をあこがれていた生徒たちです。「何を食べたらそんなに強くなれますか?」「夏休みはありましたか?」「どんなトレーニングをしていますか?」等、一生懸命質問してくる後輩たちに、小久保先輩も一つ一つ、とても真摯にそしてあの爽やかな笑顔で応対してくれました。

 最後に、今後の抱負を話してくれました。7m20cmに記録を伸ばすこと、3年後のパリ・パラリンピックでのメダルを目指し、まずは来年神戸で開かれる世界パラ陸上で成績を残すことを目標にしていくそうです。

 今後も大ジャンプの力となれるよう、ここ本庄から、小久保先輩の応援を続けていきましょう。小久保先輩、本日はご多用のところ、ご来校ありがとうございました。かっこいいジャンプを、また見せてください。

 

ベルマークを寄付していただきました!

 東和銀行様より、ベルマークの御寄付をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 地域貢献活動の一環として収集されたベルマーク、67,816点を従業員組合の方が届けてくださいました。

 今後、PTAの進路対策部会が中心となり、本校のベルマークと合わせ、教育活動で活用したい教材希望を集約、選定し、教育機器の購入に使わせていただきたいと考えております。

 東和銀行様、この度は誠にありがとうございました。

 

 

小学部 3年生身体測定

 今回は保健室での活動の様子をご紹介します。学期の初めには、身体測定が行われ、身長と体重を測ります。夏休み後に子どもたちと会うと、身長が一気に伸びたなと感じる子が何人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 体重を測るのは慣れている子が多いのですが、身長を測るのはちょっとドキドキ。「かかとをつけて」「お膝はまっすぐね」「あごを引いてね」…と、養護教諭からの声がけを受けて、計測の姿勢を取ります。「〇㎝伸びたね!」と言われて、ニコニコ笑顔になるのが印象的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 体重の測定も終わって、「ありがとうございました!」と挨拶して廊下で学年の友だちが終わるのを待ちます。とても静かに、待つことができるようになって、そんなところからも成長が感じられる一幕です。

 

 

 

 

 

 

 2学期当初の身長体重の記録は、今後保健室より「けんこうの記録」が配布されますので、そちらでご確認下さい。

 

小学部2年生 体育

 平常日課に戻り、子どもたちの活気あふれる元気な声が聞こえてきます。

 今日は、小学部2年生の体育の様子の紹介です。まず、教室で準備体操をした後に、廊下に出て「走る」運動です。「走る」活動をするときに流れる音楽が聞こえてくれば、場所が体育館から変わっても戸惑いません。

 

 

 

 

 

 

 続いて、教室に戻って「投げる」「蹴る」「取る」運動です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 使った球は、みんなで片づけて終了です。感染予防対策をしながらの生活が続きますが、工夫しながら身体を動かす活動も取り入れています。

 また、今週より前期・後期に分かれて2週間ずつ4名の学生が教育実習をしています。将来、特別支援学校の教員を目指して頑張っている学生です。子どもたちと積極的に関わり、実りある実習にしてほしいと願っています。ご協力、よろしくお願いいたします。 

 

小久保先輩の激励会

 明日(9月4日)、東京パラリンピック陸上競技に出場する本校卒業生、小久保寛太選手の激励会が行われました。

 

 

 

 

 

 

 始めに、パラリンピックとはどんな大会か説明があり、小久保先輩のこれまでの取り組みの様子を視聴しました。先輩の活躍がまとめられた動画を、みんなとてもよく見ていました。

 

 

 

 

 

 

 先輩が金メダルの飛躍を期待し応援メッセージを書いたり、動画を撮ったりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本庄特別支援学校の後輩たちの想いが、新国立競技場の小久保先輩に届き、明日のジャンプのより力強い踏切りに繋がることでしょう。

 

2学期、スタート

 待ちに待った新学期がスタートしました。今日は朝から霧雨が降り、肌寒いような気温でしたが、バスから降りてくる子どもたちは元気いっぱいで、大きな声で挨拶しながら教室に向かっていました。

 

 始業式はリモートで行われました。「これから、始業式をはじめます!」

 

 

 

 

 

 

 各教室に分かれ、感染対策をしながらモニターを見て話しを聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 長い2学期が始まりました。まだまだ心配な状況が続いています。ひとつひとつ丁寧に感染予防対策を講じながら児童生徒が楽しい学校生活を送れるよう、学校とご家庭等で協力し合って進めていければと考えています。

 2学期もどうぞよろしくお願いいたします。

マナー研修会

 暑い日が続く中ですが、皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 夏休みも残り少なくなり、来週からの2学期スタートに向けて教職員は準備を重ねているところです。そんな中、本日、進路指導部主催の職員研修会が開催され、外部講師の先生をお招きし、感染予防対策を行いながら、実施されました。

 『マナー研修会』~社会人としての教員のマナー~

 はじめに、なぜマナーが必要なのかの話を伺い、お辞儀の仕方や、話し方を良くするためのトレーニング等を実技を交えて研修しました。

【お辞儀の仕方】

 

 

 

 

 

 

【話し方のトレーニング】

 

 

 

 

 

 

 講師の先生には、今年度も高等部の進路学習で授業をしていただいています。今後も、ご来校いただいたく予定があります。その際、研修者は、名前を添えて、こちらから先に明るく大きな声でご挨拶できるようになっていることと思います。また、児童生徒の指導支援や、保護者の皆様、外部の方々と対応する際に、今日の研修の成果を活かしたいと考えます。

 

 9月1日より2学期がスタートします。まだまだ、コロナ禍において心配事がありますが、感染予防対策を講じながら安心安全な学校生活を送っていけるように取り組んでまいります。

 皆さん、来週から学校が始まります。皆さんと元気に会えることを願っています。