本庄特別支援学校より(今日の出来事)

(ほんじょうとくべつしえんがっこうより)

高等部学年対抗ボッチャ・カーリング大会

5月24日(火)に、高等部学年対抗ボッチャ・カーリング大会が開催されました。

本庄特別支援学校版ルールのもと、白熱した戦いが繰り広げられました。

取組の様子をご紹介します。

 

【ボッチャ】

【カーリング】

【勝敗表】

また、同日に特体連陸上大会も開催されていました。高等部の生徒たちにとって、スポーツに親しむ一日となりました。

 

 

特体連陸上大会

5月24日に熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で特体連陸上大会が開催されました。

本校の高等部からは26名の生徒が参加をし、各種競技に挑戦しました。

一人一人が全力で頑張る姿に、たくさんの拍手が送られました。

 

【熊谷スポーツ文化公園陸上競技場】

 

【競技の様子(一部)】男子リレー・女子リレー

 

【優勝決定後の記念撮影】

 

【校長へ優勝報告】

選手のみなさん、とてもよく頑張りましたね。

感動をありがとう!

 

保護者の皆様方、体調管理や持ち物のご用意等、誠にありがとうございました。

ひまわりの種まき(小学部高学年)

  コミュニティスクール事業の一環として、先日の中学部に続き、小学部高学年が『マリーゴールドの丘』でひまわりの種まきを行いました。

【種まきの様子です】

 

【清香園様から頂戴した飛行機を飛ばす様子です】

各々に飛行機遊びを楽しんだ後、みんなで一斉に飛ばしました!

 

今後は、高等部の生徒が水やりや除草作業等を行い、ひまわりの成長を見守ります。

ひまわりが咲き誇る景色を、地域の皆様と一緒に楽しめますように。

☆こちらの看板が目印です☆

 

 

運動会予行練習

5月19日(木)に運動会の予行練習を行いました。

今年度の運動会は、新型コロナウイルス感染対策として学部ごとに時間帯を分けて実施します。そのため、予行練習も同様の流れで行いました。

一部、ご紹介いたします。

【小学部低学年】『ひろがれ!いろとりドリ』

 

【小学部高学年】『smile for you』『バイシクル&カート』

 

【中学部】『本特産タケノコ狩り』『ソーラン節~極~』

 

【高等部】『台風の目』『追いかけっこ玉入れ』『集団演技』

 

今年度の運動会スローガン「心の手を繋ごう!みんなが主役の運動会」のとおり、一人一人が頑張る姿に、温かい応援をお願いいたします。

 

 

 

 

 

ひまわりの種まき(中学部)

コミュニティスクール事業の一環として、「マリーゴールドの丘」に行き、ひまわりの種まきを行いました。

ご協力いただいた清香園様の進行のもと、貴重な体験ができました。

 

【種まきの様子です】

 【こちらの看板が目印です】

     

これからも、ひまわりの成長を観察していく予定です。

開花の日を期待してお待ちください。

地域の皆様にも、ひまわりが咲き誇る景色を楽しんでいただけますように。

 

学級園の種まき

 連休明け、良い天気の中で学級園で野菜の種まきを行ったクラスがありました。まずは、今日の手順の説明を聞いて土造りの準備から。

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、種を5粒ずつ仕分けて、目印の間隔に蒔きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 分担して協力しながら活動し、最後にたっぷり水やりをしました。これから収穫までの間も、水やりや草取りをしながら野菜が育つ様子を見ていきたいです。さて、どんな野菜が収穫できるか、楽しみに待ちたいです。

 

離任式

 5月上旬に学部ごとに日時を設定し、離任式(リモート形式)を行いました。

 画面越しの再会ではありましたが、嬉しそうに視聴する様子が見られました。

 

【画面越しの再会】

 

【手紙を書きました】

 

実際に再会できる日を心待ちにしています。

小学部遠足

 4月26日(火)に小学部低学年が【わんぱくランド(深谷市)】、28日(木)に小学部高学年が【サングリーンパーク、農林公園(深谷市)】に行ってきました。

 公共の場での約束を守り、友達と一緒に楽しんで活動する様子が見られました。

 

【低学年】

乗り物遊びを楽しむ様子です。

 

 

 

【高学年】

変形自転車やミニSLを楽しむ様子です。

 

 

保護者の皆様、体調管理やお弁当等のご用意等、様々な面でご協力いただき、誠にありがとうございました。 

 

 

 

入学式

 8日(金)午後に高等部、11日(月)午後に小中学部の入学式が行われ、各学部の1年生が入学し、全校児童生徒199名が揃いました。

 1年生の皆さん、保護者の皆様ご入学、誠におめでとうございます。

 校長からは、「コロナ禍でいつもより参加人数が少ない入学式ですが、みなさんのご入学を心待ちにしていました。」という挨拶があったとおり、館内にはたくさんの祝電やお祝いの言葉が飾られ、生徒会長からはお祝いのビデオメッセージが寄せられました。

 

 

 

 

 

 明日から本格的な学校生活が始まります。一日でも早く新しい先生や友達に慣れて、毎日楽しい学校生活が送れるよう、教職員一同尽力してまいります。

 

新年度、スタート!

 みなさん、こんにちは!春休みも終わり、今日から令和4年度がスタートしました。始業式の今日は、暖かな春の日となり校内には子どもたちの元気な声が戻ってきました。

 始業式は、リモート形式で行われ各教室のテレビを視聴して話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

 始業式後は学年や学級毎に、新しい先生やクラスメイトと自己紹介や教科書の名前書き、1学期の目標決め、絵本の読み聞かせ等、学年の実態に合わせて過ごしました。

 【小学部の様子】

 

 

 

 

 

 

 【中学部の様子】

 

 

 

 

 

 

 【高等部の様子】

 

 

 

 

 

 

 また、本日午後に実施される高等部入学式、週明けに予定されている小中学部入学式に向けて、在校生からのお祝い準備も行いました。

 

 

 

 

 

 

 その入学式を経て、199名の児童生徒が在籍します。今年度の本庄特別支援学校へも、引き続きご支援賜りますようご理解・ご協力お願い申し上げます。

 

修了式

 本日、令和3年度修了式がリモートで行われました。各学部の代表児童生徒が校長先生から修了証をいただき、「1年間を振り返って」という内容で感想を発表しました。

 

 小学部【修了証】       【一年間の感想】

 

 

 

 

 

    

 

 「頑張ったことは、運動会で縄跳びの練習、ステージ発表の練習です。新しい学年になったら、もっと勉強を頑張りたいです。」という目標を発表できました。

 

 中学部【修了証】       【1年間の振り返り】

 

 

 

 

 

 

 

 「頑張ったことは、作業製品販売会で、『いらっしゃいませ』『ありがとうございました』とお客さんに言えたこと、みんなが来てくれて嬉しかったです。進級したら朝マラソンをもっと頑張って走りたいです。」という目標を発表できました。

 

 高等部【修了証】       【一年間の振り返り】

 

 

 

 

 

 

 

 「頑張ったことは、作業学習(木工班)でキューブをたくさんつくり、一つ一つ平仮名スタンプを押したことです。進級後は体育のマラソンを頑張りたいです。」という目標を発表できました。また、学年で一年間取組んだ音楽発表の動画も流されました。

 

 最後に、展覧会や体育の大会で好成績を残した児童生徒への表彰があり代表者が賞状を受け取りました。

 

 

 

 

 

 

 

 今年度も本日無事に、修了式を迎えることができましたのも、保護者の皆様を始め、本校児童生徒にご支援いただいた多くの皆様のおかげと心より感謝申し上げます。

 コロナ禍で、以前のように校舎への出入りが自由に行えない中、少しでも児童生徒の様子がお伝えできればとHPを作成してきました。次年度は、少しでも児童生徒の活動の場を見ていただける機会が増えるよう願っています。

 春休みも体調に気をつけて元気にお過ごしください。新年度、また元気にお会いしましょう!   

              

                   ありがとうございました。

 

 

 

新チーム、スタート!

 3年生が卒業し、部活動は新チームで練習を始めました。この時期は、体育館が卒業式用に会場設営してあるため、活動場所として本庄総合公園体育館(シルクドーム)に利用を申請し、練習しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1,2年生だけでこの広い体育館は少々寂しく感じますが、4月になって学年も進級し、後輩も入部後に新しいチームメイトと共に活動できる日が待ち遠しいです。

 今年度の部活動は、本日が最終日となります。校内だけでなく、地域の施設等もお借りして活動できましたこと、感謝申し上げます。

 今後とも、本庄特別支援学校運動部の活動にご支援くださいますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 気をつけ、礼、「ありがとうございました!」(先言後礼がマナーです。)

 

祭り、開催!

 高等部2年生が、お祭りを企画・開催しました。コロナ禍に入学したこの学年は、残念ながらこれまでに大きな学校行事の経験がありません。ひとつでも友だちと楽しい経験を積めるようにと、担任が発案した「お祭り」に、生徒たちが内容を考えてこのような屋台ができあがりました。

 

 

 

 

 

 

 

【ヨーヨーすくい】       【型抜き】

 

 

 

 

 

 

 【モグラたたき】        【輪投げ】

 

 

 

 

 

 

【射的】            【山車】

 

 

 

 

 

 

 家庭の時間に制作した法被や、美術の時間に制作した山車、生活単元学習の時間に作成した屋台の準備や景品、ルール作りの他に会場内にタブレットから流れていたBGMも、音楽の時間に生徒自身で作曲した曲が流れていました。

 参加して屋台で遊んだ生徒だけてなく教員も、楽しい時間を過ごしましたが、何より企画した生徒たちから「楽しいです!」「企画してよかったです。」「来てもらえてうれしいです。」等の感想を聞くことができました。

 本来であれば、今月中毎週月曜日にこの祭りを開催し全校児童生徒に呼び込みをして楽しむことを計画しましたが、感染防止の観点から控えました。彼らの学校生活最後となる新年度は、ひとつでも多くこれまで経験できなかったことが実施できるよう願います。

 

寄居PAのパンジー

 今年度もNEXCO東日本様と一緒に活動させていただいている、関越道下り寄居パーキングエリアの、パンジーが咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2学期に高等部クリエイト班の生徒たちが植栽しました。今年の冬は寒い日が多く、まだ満開ではなさそうです。

 間もなく春休みとなりますので、お近くをお通りの際は是非お立ち寄りください。

 NEXCO東日本様、本年度も大変お世話になりました。

 

卒業おめでとうございます

 本日、小学部・中学部の卒業証書授与式が行われ、小学部8名・中学部16名が卒業の日を迎えました。

 

【小学部授与の様子】      【中学部授与の様子】

 

 

 

 

 

 

 練習の成果を発揮し、一人ひとり、校長先生から卒業証書をもらうことができました。

 

 感染予防の観点から、会場内で一緒にお祝いすることはできませんでしたが、教室から会場に向かうとき、教室に戻るときには後輩たちから拍手や花のアーチ、紙吹雪等で盛大に祝福されました。

 

【小学部の卒業生と在校生の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【中学部卒業生と在校生の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 卒業生の皆さん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。

4月からの新しい学校生活での出会いや学びが、これまで同様に実り多く充実したものになりますよう心から願っております。

 

小中学部 卒業式予行練習

 一気に春めいて、暖かい日となりました。先週、無事に高等部卒業生を見送りましたが、今週は小中学部の卒業式が予定されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日、予行練習が行われ、これまで練習を重ねてきたとおり、一人一人校長先生から卒業証書をもらうことができました。本番まであと数日です。全員が元気に卒業式を迎えられますよう願っています。

 

 予行練習終了後に表彰があり代表して両学部より一人ずつ、賞状を受け取りました。

 

 

 

 

 

 

 

  また、小学部の在校生たちがお祝いのメッセージ装飾を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 式当日、会場内で一緒にお祝いすることは叶いませんが、会場を華やかにすることでその気持ちをお祝いのメッセージに替えて卒業生を見送りたいと思います。

 

卒業おめでとうございます

 本日、第40回高等部卒業証書授与式が行われ、34名の卒業生が無事に卒業いたしました。

 

 

 

 

 

 これまでの練習の成果が見事に発揮された、立派な最後の授業となりました。

 式終了後は、在校生からの祝福を受け、最後まで温かい雰囲気の中で無事に終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染拡大防止の観点から縮小化しての実施となりましたが、この晴れの日を迎えられましたのも、皆様からのご支援・ご協力の賜物と心から感謝申し上げます。

 

 卒業生の皆さん、保護者の皆様、本日はご卒業おめでとうございます。四月からの新しい生活にも、幸多い日々が続くよう心からお祈り申し上げます。

 

【本庄市7校合同プロジェクト】写真展のお知らせ

 本庄市役所広報課様主催の、高校生による本庄市の魅力発信冊子制作に市内7校13名の高校生の一人として、生徒会副会長の松本さんが参加しました。

 この写真展は、現在本庄早稲田駅「彩北未来館」に展示されており、本人と同じクラスの生徒たちが一緒に参観してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 一緒に見学したクラスメイトに話しを聞いてみると、「凄かったです。」「いい感じの写真でした。」「良かったです。」「”マリーゴールドの丘”から撮影した写真が印象的でしたよ。」等の感想でした。

 

 

 

 

 

 

 本人からは、「冊子で見るのと異なり、実際に写真が見られてとても良かったです。写真を撮るもの楽しかったです。」という感想が聞け、良い経験となったようです。

 この写真展は15日(火)まで本庄早稲田駅「彩北未来空間」に展示されており、16日(水)から29日(火)までは、本庄駅「テラスバ本庄」に場所を変えて、参観することができます。

 お時間のあるかたは、ぜひ足をお運びください。

 

卒業式予行練習

 週末に控えた高等部卒業式の予行練習が行われました。

 これまで学習してきた成果が見られる、立派な予行練習でした。学校生活最後の授業となる卒業式でも、それぞれの力が発揮されますよう願っています。

 

 卒業式の会場は、後輩たちからのお祝いのメッセージが飾られています。予行を前に、1,2年生が準備しました。

 

 

 

 

 

 

 

 そのメッセージを、予行終了後に卒業生が嬉しそうに眺めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 また、3年間の学習を称える表彰が行われ受賞者に賞状が授与されました。

 

 

 

 

 

 

 

 予行練習を終えて、緊張感から解放されジェットヒーターで暖を取る生徒たちの様子です。残り少ない学校生活の中で大事な仲間たちと、大切な時間を過ごしてほしいです。

 

 

PTA理事会

 本年度最終回のPTA理事会が開催され、ご多用のところ役員の皆様がご参集くださいました。       

 

【全体会の様子】

 今年度のPTA活動の報告を各専門部から報告していただきました。

 

 

 

 その後、各専門部に分かれて、今年度のまとめと次年度へ向けた引継ぎ準備をしていただきました。

 

【広報部】           【研修厚生部】

 

 

 

 

 

 

【進路対策部】         【総務部】

 

 

 

 

 

 

 理事会終了後、総務部の皆様に今年度の感想を伺いました。会長、副会長から、「PTA活動はコロナ禍でなかなか思い通りの活動ができませんでしたが、理事会は全6回開催できて良かったです。」「理事会の出席率も良く、各専門部会ではベルマークの収集や、はなみずき(広報誌)の編集作業等の活動を通して、学部や学年を超えたつながりを作れたと思います。」等のお話が聞けました。卒業式の会場に装飾された体育館を見て、「桜の模様が綺麗ですね、次年度以降もPTA活動頑張ります。」とのお言葉もいただきました。

 役員の皆様、一年間大変お世話になりありがとうございました。状況が落ち着き、次年度の活動が計画どおり実施できることを願いたいです。

 

 

卒業生へのお祝い

 お世話になった先輩たちへのお祝いに、中学部1,2年生が首飾りやお花紙のアーチを作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 作業に集中しながらも、「3年生と一緒に過ごせるのは、あと〇日だね。寂しいね。」という話も聞かれました。

 この首飾りやお花紙で作ったアーチは、3年生を送る会と卒業式当日の見送りの際に活用する予定です。卒業生も喜んでくれることでしょう。

 

体育館の衣装替え

 

 新入生の保護者の皆様にご来校いただき、入学説明会が行われました。全体会の後、学部毎に概要をお伝えし、通学方法や健康面については個別にお話を聞いて確認しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新入生保護者の皆様、ご多用のところご来校ありがとうございました。お子様のご入学を心待ちにしております。

 

 放課後、職員作業で体育館内を卒業式バージョンに変更しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場準備も整い、本格的な卒業式の練習が始まっています。

 

 3月になり、一気に春らしく暖かい日が続いています。寒暖差や季節の変わり目で体調を崩しやすくなるので、引き続き気をつけて学校生活を送れるようにし、一年のまとめをしていきたいです。

 

 

入学説明会に向けて

 28日の入学説明会に向けて、高等部クリエイト班とメンテナンス班の生徒たちが、資料準備や会場設営を行いました。

 

【クリエイト班】資料準備の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【メンテナンス班】会場設営の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 準備も整い、月曜日の説明会で新入生保護者の皆様をお待ちしています。

 また、本日までの面談期間では、お忙しいところ保護者の皆様にはご来校いただきありがとうございました。面談で伺ったお話を、今後の指導支援に役立ててまいりたいと考えます。

 

奉仕活動

 卒業を控えた高等部3年生が、奉仕活動として校舎周辺の清掃、校内の側溝のゴミ拾い等に取り組みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数ある重たい側溝の蓋を協力して外し、中のゴミをスコップですくい取ったりホウキではき取ったりするのは、大人数で協力し時間をかけないときれいになりません。なかなか手が届かない所をきれいにしてもらいました。作業後の生徒たちに感想を聞いてみると、「(蓋が)重たかったです。大変でした。」奉仕活動に対するお礼を伝えると、「でも一年経ったら、また(ゴミが)溜まるんでしょうね。」「それは、後輩にバトンタッチします。」等の話が聞けました。

 本校で過ごした年数は3年間から12年間と様々ですが、残りの学校生活の中でひとつでも多くの学びと、楽しい思い出を作ってほしいです。

 3年生の皆さん、学校をきれいにしてくれてありがとうございます。

 

小学部 学習の様子

 小学部1年生の体育の様子です。すっかり学校生活にも慣れて学習にも見通しがもてるようになり、落ちついて活動に取り組めるようになってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 小学部高学年の個別学習の様子です。教員とのやり取りを大切にしながら、各自の課題に集中して取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週より面談週間で、保護者の皆様にはお忙しいところご協力いただき誠にありがとうございます。中校舎の中央廊下に、児童生徒が「第62回埼玉県児童生徒美術展」に出品した作品を校内展として掲示してあります。ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラサク

 本日、先週実施された高等部入学選考の結果、入学許可候補者の発表がありました。

 

 

 

 

 

   

 午前10時に貼り出された結果の中から、自分の受検番号が見つけて大喜びする受検生たちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 教室に戻り、自作のダルマに目を書き足したクラスもありました。

 

 

 

 

 

 

 「高等部に入ったら、どんなことを頑張りたいですか?」と問いかけると、「作業です!」という声が一番多く聞かれましたが、「SB部活をやりたいです!」や、「もっとお友達を作りたいです!」等の目標も聞くことができました。

 

 中学部3年生の皆さん、保護者の皆様おめでとうございます。

 

マナー教室

 今年度の最終回となるマナー教室が開かれ、特別非常勤講師の高山先生が高等部2年の生徒たちに授業をしてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 冒頭、進路指導主事から、「午前中、3年生の進路を決める面接に同席しました。自己紹介の場面がありました。さて、その生徒はどのように自己紹介したでしょう?」という問いかけに、参加者の生徒が「本庄特別支援学校より参りました、〇〇〇〇です。よろしくお願いいたします。」と答えると、主事からは、「そのとおりです。その3年生も、このマナー教室で学んだとおり自己紹介し、見事に内定をいただきました。皆さんも、この授業で学んだことを身につけ頑張ってください。」というような話がありました。

 

 今日の授業の中では、次のようなマナーを学びました。

【お辞儀の仕方】の練習の様子

 

 

 

 

 

 

【クッション言葉の使い方】の練習の様子

 

 

 

 

 

 

 また、「身だしなみ」、「挨拶」、「危険予知」や「ヒヤリハット」、「報告・連絡・相談」の大切さについても、教えていただきました。

 授業後、生徒たちからは「先に挨拶ができるようにしたいです。」「爪が伸びているので、身だしなみを整えます。」「仕事の選び方について、考える機会になりました。」「お辞儀の仕方が上手にできるようになりました。」「クッション言葉の使い方を覚えて、使っていきたいです。」等の感想を聞くことができました。今日学んだことを、現場実習の場や社会人になってから活かしていけるよう、テキストを見返して復習したいです。

 

 高山先生、今年度も大変お世話になり誠にありがとうございました。次年度も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

世のため 後のため ものがたり塙保己一

 本庄市役所生涯学習課様より、「世のため 後のため ものがたり 塙保己一」の冊子と、塙保己一像を寄贈していただきました。

 

 

 

 

 

 

 こちらの冊子は、全校児童生徒分いただいたので、高等部生徒の協力を得て仕分け、各教室に配布しました。

 

 

 

 

 

 

 学級毎に必要な部数を調べ、声に出して確認しながら部数を取り、ダブルチェックして確認した後、輪ゴムで束ねて各教室に配布できるよう準備し、届けに行きました。

 

 

 

 

 

  

 これは、塙保己一先生の没後200周年記念事業としての取り組みの一環とのことです。尚、この立派な像は校長室に飾られています。

 配布された冊子に目を通し、郷土の偉人への興味を深めていきたいと思います。本庄市役所生涯学習課様、誠にありがとうございました。

 

 

小高 音楽の授業の様子

 コロナ禍における授業展開には色々な工夫があります。その中でも音楽の時間は、それまで「通常」として実施してきた学年やブロックでの集団をより小さくしたグループや学年、学級毎に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

  共有を避けられるように一人ずつ楽器を用意し、器楽演奏に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

  また、声を出しての歌唱が難しいため、手話が得意な教員の指導を受け、曲に合わせて身体を動かしたり、歌詞に合わせて手話で表現したりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  今できる活動の中での学びを、今後も大切に積み重ねていきたいと考えています。

 

感染予防対策

 毎日、感染症のニュースが流れています。子どもたちも不安に感じているのではないかと思いますが、少しでも安心して学校生活を送れるように、本校では2学期当初より給食前と下校前に全員検温しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 9月に検温を開始した頃は、戸惑いを見せる様子もありましたが、毎日継続して取り組む中で、検温担当の教員が教室を訪れると、自ら「お願いします。」と額を出して体温を確認後、「ありがとうございます。」とやり取りできるようになっています。担当から「(熱はありません。)大丈夫ですよ。」と声をかけオッケーのサインを見せると、ホッとした笑顔が見られます。校内で決めた規定の体温や、いつもより高い数値が出た場合は、保健室で再検温し健康観察に努めています。

 

 

 

 

 

 

 なお、この2回検温は教職員も同様に実施しています。

 

 

 

 

 

 

 

 また、児童生徒下校後は、教室や廊下の手すり、トイレ等の共有スペースをアルコール消毒しています。

 まだまだ不安が続く中ではありますが、可能な限りの感染予防対策を行い、学校生活を送れるようにしていきたいです。

 

 

サッカーボールを寄贈していただきました

 今年度も、明治安田生命様の「地域の元気プロジェクト」の一環として、サッカーボールを寄贈していただきました。

 

 

 

 

 

 

 本日、ご多用の中、同社の本庄営業所営業部長様と、この地域のご担当様がご来校くださり、代表して校長がそのプロジェクトの説明を受け、サッカーボールを受け取らせていただきました。

 同社の地域貢献活動として、本校児童生徒の活動を地域の皆様に発信する一助となれることがあればご協力していただけるそうです。また、コロナ禍で活動の制限がある中ですが、次年度以降も連携していければというお話がありました。

 いただいたサッカーボールで、多くの児童生徒が力いっぱいボールを蹴って身体を動かせる日が、一日も早く来てほしいと願います。

 

 明治安田生命様、誠にありがとうございました。

 

節分

 今日は節分です。節分は立春の前日で、冬から春への季節の変わり目の行事です。『鬼は外』の掛け声とともに、豆をまくのは豆にある霊力をもって、災いを払う意味があります。

 この時期は学校でも「鬼」が所々で出没します。小学部では、図工の時間に鬼を作ったり豆を作ったりして季節を感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 高等部では鬼役の教員を設定し、実際に豆まきの体験をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 心の中で「鬼は外」「福は内」と叫びながら、活動し終了後は教室内をいつも以上に丁寧に掃除しました。

 

 

 今日はご家庭でも豆まきが行われるでしょうか。

 本庄特別支援学校に関わる全ての皆さんのご健康を願って

「鬼は外!」「福は内!」

 

 

朝の運動

 大寒を過ぎて、立春までの間は一年間で一番寒い時期ですが、児童生徒は毎日元気に朝の運動に取り組んでいます。

【小学部の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【中学部の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【高等部の様子】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝の運動は、身体も温まりその後の活動がしやすくなって健康な身体づくりができると言われています。その後の授業に集中でき、給食も美味しくいただけることでしょう。

 屋外での活動となりますが、終了後の手洗いうがいだけでなく、乾燥しているので水分補給も忘れずに行って、次の授業に向かいます。

 

高1 職業

 今週は、高等部1年生希望者の現場実習期間です。このような状況下の中、実習を引き受けてくださる企業様や作業所様のご協力のおかげで、生徒たちは初めての現場実習を体験しています。

 今回は、実習先のご都合等で校内で通常授業を行っている職業自立型・移行型の生徒たちが「職業」の時間に配布文書の綴込み作業に取り組んでいる様子をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 まず、担当の教員から「任された仕事に責任をもって、集中し、ミスがないよう確実に作業してください。」との話を真剣に聞いた生徒たちは、用紙を半分に折る作業からスタート。折る向きを間違えないように、半分にきちんと折れるように一枚一枚丁寧に作業を進めていきます。

 

 

 

 

 

  

 3枚を1セットにして、間違えないように重ね合わせます。

 

 

 

 

 

 

 それを1セットずつ芯が不要なホチキスで留めます。

 

 

 

 

 

 

 学級毎に必要な部数を数え、教員に報告。確認してもらいます。

 

 全校児童生徒分と予備を合わせて、合計300セットが仕上がりました。作業中は、私語もなく集中して取り組み予定より早く完了し依頼した教員から感謝の気持ちが伝えられると、生徒たちはとても嬉しそうな表情を見せていました。学校の授業で積み重ねた経験一つ一つが、自信となり、今後、現場実習でも活かされ、進路決定へと繋がってほしいと願っています。

 

 尚、この文書は、金曜日に(高3中3以外の)各家庭に配布を予定しています。生徒たちが一つ一つ準備しました。ぜひ、ご確認ください。

 

学校給食週間

 24日から30日は全国学校給食週間です。毎日おいしい給食で有名な本校ですが、今回は給食の時間の子どもたちの様子をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 各教室に毎日一枚ずつ配布される「食育だより」。その日の放送当番が、給食の献立や食材に関係する内容を読み上げます。今回は、給食で使われている機械についてでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日の献立は大人気のラーメン。(実際の献立は、「給食室より」のページから写真をご覧ください。)密を避けて黙食しながらの給食ではありますが、美味しさや友達と一緒に食べる楽しさに変わりはありません。

 

 

 

 

 

 

 食べ終わったら片付けです。ルールを守って適切に弁別します。その仕分け力は、完璧。毎日の積み重ねの大切さが感じられる場面です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごちそうさまでした!」

と挨拶し、給食室を後にします。

 

 

 

 

 この給食週間は、いつも給食を支えてくれている人たちに感謝を伝える週間です。作りたてで温かく、美味しい給食が毎日食べられることに感謝し、それを伝える機会としたいと思います。

 

小高 学習発表会の練習

 小学部高学年では、月末に控えた学習発表会に向けて、練習を重ねています。これまでに学習してきたことを、保護者の皆様に見ていただける機会のため、子どもたちも毎日一生懸命取り組んでいます。

 各学年の練習の様子をご紹介します。

【6年生】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【5年生】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【4年生】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仕上がりも上々、本番までもう一息練習を重ねていきたいです。

 

 本日より、埼玉県もまん延防止等重点措置が出されました。引き続き、感染予防対策を講じながら学校生活を続けていきたいと考えております。

 

中3 作業班見学

 中学部3年生は、来週予定されている中高合同作業に向けた事前学習の一環として、高等部の作業学習を見学しました。

 

 

【木工班】

 マルチストッカーを制作する先輩の様子を見学しました。

 

 

 

 

【家庭班】

 組み紐を編んでいる先輩の様子を見学しました。

 

 

 

 

【メンテナンス班】

 本日は受注作業で小学部から依頼された課題ボックスを組み立てている先輩の様子を見学しました。

 

 

 

【リサイクル班】

 ベルク様からご提供いただいているアルミ缶の仕分け作業をしている先輩の様子を見学しました。

 

 

 掲載は、一部の作業班の様子のみとなりますが、見学は学級毎に全ての作業班をまわりました。

 参観中は、高等部の担当職員の話をよく聞き、先輩たちが集中して真剣に作業学習に取り組んでいる様子を熱心に見学していました。

 来週、実際に一緒に作業学習を行っている様子は改めてご紹介する予定でいますが、中学部の生徒も高等部の生徒も、互いの学びの場となるこの機会に、教職員は生徒たちの新たな成長を期待し、課題の準備をしていきます。

 

 

生徒会役員 新旧引継ぎ式

 

 年末に行われた生徒会役員選挙の結果を受け、新旧役員の引継ぎ式がリモート形式で行われました。

「これから、引継ぎ式を始めます。」

 

 

 

 今年度の役員に学部主事より感謝状が渡され、代表して会長が受け取りました。

 現会長から次のような話がありました。

 

 

 「会長に就任してから、遅刻や欠席、体調管理、忘れ物や提出物の期限を守る等の自己管理を心がけ、学校のルールや交通ルールを守って生徒の見本になれるよう努力しました。それまで苦手だった人前で話すことを克服できるよう頑張りました。新しい役員も、これから大変なことがたくさんあると思いますが、先輩たちが作った伝統を引き継いで頑張ってください。」

 

 続いて新役員に任命状が渡され、代表して新生徒会長が受け取りました。

 新会長の決意表明としして次のような話がありました。

 

 

 「前役員の仕事を引き継ぐだけでなく、学校に新しい風を吹かせられるように誠心誠意尽くし、学校のためにできることをやっていきたいです。」

 

 最後に学部主事より、旧役員への感謝の意と、新役員への激励の言葉、高等部生徒たちへ次のような話しがありました。

 

 

 

 「学校を作るのは、生徒一人一人です。そのために、あいさつをしっかりする。時間を守る。一人ひとりがより良い学校を作っていけるよう、自分にできることを頑張りましょう!」

 

 毎日の積み重ねが、現場実習等に活かされると思います。今日の話を心に留めて、日々取り組んでいってほしいです。

 

 

高等部デュアル学習

本日は高等部のデュアル学習の様子をお伝えします。

高等部は4つの教育課程に分かれています。職業移行型、職業自立型の2つのクラスは、木曜日、金曜日に協力いただいている、企業や公共施設等で実際に働きながら学習する、デュアル学習を行っています。

「はにぽんプラザ」では、これまで敷地内の樹木の剪定や研修会の資料のとじ込み・利用書の作成等、様々なことを行っております。

この写真は、研修会のアンケートの集計を行っている様子です。最初はミスがないよう二人で行い、一人が読み上げ、もう一人が入力する、という形で行いました。作業に戸惑いながらも、240人分の入力作業を終えることができました。

      

これは先週の様子です。一人一台のパソコンで、研修会のアンケートの入力作業を行うことができました。先週は120人分の入力でしたが、スムーズに完了することができました。

      

作業を行いながら、「利用書は一年間使うからきれいに作ってほしい」、「アンケートは来年の研修の参考にするからミスのないようにしてほしい」等、色々と要望がありますが、生徒たちは期待に沿えるように頑張っています。

昼食を食べながら「今日はいつもより疲れました」、「なんだか肩が痛いです」等とパソコン入力でミスがないよう、緊張していた様子の発言もあります。

最後に職員の方から、「皆さんのおかげで、この後の作業ができます。ありがとう。ご苦労様でした。」と言われ、ホッとする生徒の顔を見ると頑張って作業を終えた様子がわかります。

今回は学校とは違った緊張感の中での学びを経験しながら、日々成長している生徒の姿をお伝えしました。

身体測定

 毎学期始めに、身体測定が行われます。本日の中学部1年生を皮切りに全児童生徒が実施します。9月の身長体重から、どのくらい大きくなっているでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 身長計の柱に踵と背中をつけてあごを引いて…姿勢を整えて計測します。伸び盛りの中学生!「〇cm、伸びましたよ!」と養護教諭からの声に、生徒は「やったー!」と喜び合っていました。

 

 

 入室前に個別消毒をし、一人計測が終わる毎に、消毒して感染予防対策を講じながらの実施です。

 

 

 

  

 続いて体重測定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 計測した体重を聞いて「ちょっと増えたかな?」と心配そうな生徒もいましたが、「身長も伸びているから、順調な成長ですよ!」と養護教諭からの返答に、にっこり笑って靴下の着用等身支度を整え、保健室を後にしていきました。

 

 個別の記録は計測後に、「けんこうの記録」を各家庭に配布しますのでそちらからご確認ください。

 養護教諭に話を聞くと、冬休み明けは生活リズムが乱れてしまい寝不足で来室する児童生徒もいるそうです。まずは睡眠と栄養をしっかり取って、生活リズムを整えましょう。また、感染症が心配されますので、マスクの着用、手洗い、うがい、手指消毒、換気の感染予防対策も引き続きご協力をお願いいたします。

 

3学期 始業式

 本日から3学期が始まりました。校内に児童生徒の元気な声が戻ってきました。

 今日の始業式も放送によるリモート形式で行われました。

 

【校長先生のお話】

 3学期も目標として校長先生から児童生徒の皆さんに次のようなお願いがありました。

 

 

 病気にかからないように 学校を休まないように過ごしましょう。

 もし、風邪やインフルエンザにかかってしまったら、学校をお休みしてしっかり治しましょう!

 みんなが、元気に卒業や進級が迎えられるようにしましょう!!

 

 

【今年の抱負】

 中学部3年生の代表生徒が冬休みの感想と今年の目標を発表しました。

 

 

 

 

【生徒指導部より】

 今年も皆さんが事故なく、元気に学校生活を送れるように、獅子舞が来てくれました。

 

 

 感染予防の観点から、代表して校長先生が頭を噛まれる役をやってくれました。児童生徒の皆さんは、画面越しに噛まれ、今年の無病息災を願いました。

 

 

 

 

 

 

 

【終わりの言葉】

 最後に教頭先生から、3学期はまとめの学期です。みんな元気でしっかり今年度のまとめをしましょう!というお話がありました。

 

 

 引き続き、感染予防対策をしながら3学期を過ごし、学年のまとめができるようにしていきたいと思います。

 3学期も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

もうすぐ3学期!

 

 

 

 

 

 

 冬休みも終盤となりました。寒い日が続きましたが、体調等崩していませんか?

 来週からいよいよ3学期がスタートします。今日の校内の様子です。

【部活動】

 

 

 

 

 

 

【自立活動希望研修】

 本校特別非常勤講師としてもお世話になっている、鏡直子先生(特定非営利活動法人銀杏の会 御茶ノ水発達センター センター長)による「太田ステージの活用について」の研修が、zoomによるリモート形式で行われました。昨日の積雪で大変な中、予定通り御講演賜りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【授業の準備をする教職員】

 

 

 

 

 

 

【給食再開に向けての準備】平常日課は13日(木)からです。

 

 

 

 

 

 

【消防設備点検作業】

 

 

 

 

 

 

【初任者研修 課題研究校内発表会】

 

 

 

 

 

 

 いよいよ来週から3学期が始まります。引き続き感染予防対策を講じながら学校生活を続けていきたいと考えています。

 

本年も本庄特別支援学校を、よろしくお願い申し上げます。

 

2学期 終業式

 長かった2学期も、本日無事に終業式を迎えることができました。大きな事故等なく過ごすことができたのも、保護者の皆様からご支援いただいたおかげです。感謝申し上げます。今日の終業式も、各教室のテレビから放送による校長先生のお話、小低の学習発表、冬休みの過ごし方について(万次郎さんとの約束)をビデオ視聴しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終業式後は、各クラスで生活単元学習です。内容は、教室の大掃除、冬休みの過ごし方の確認や目標設定、郵便ポストまで年賀状を出しに行く、ビンゴ大会、学級レク、現場実習に向けて挨拶の練習等、学年や学級によって様々でしたが、冬休み前のひと時を友達と一緒に過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明日から冬休みが始まります。万次郎さんとの3つの約束を守って、過ごしてください。

 また、保健室の先生より、次のようなメッセージをいただきました。

 

「食べ過ぎに気をつけて

  元気に過ごしてください!」

 

 

 

 

 

  良いお年をお迎えください。

 

生徒会役員選挙

 来年度の生徒会役員選挙の投票日になりました。今回は2年生から会長に3名、副会長は1年生から2名、2年生から3名、庶務に4名の立候補がありました。ここから投票結果を集約し、会長1名、各学年より副会長1名ずつ2名、庶務3名が選出されます。

 感染症予防の観点から集合しての立会演説会は見合わせ、事前に録画した動画で各候補者の演説を観ての、投票となりました。

 選挙管理委員(現生徒会役員)の誘導で、消毒後、使い捨て鉛筆を受け取って各自記入し、投票箱に投票しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 選挙管理委員を務めた現生徒会役員の生徒たちに、次期生徒会役員に期待することを質問してみると、「学校や部活を休まず、学校を引っ張っていってくれる人が選ばれてほしいです。」「良い学校を作ってくれる人に、生徒会役員になってほしいです。」「積極的に先生の手伝いなどができる人にやって欲しいです。」という話しが聞けました。

 投票結果は、3学期に発表されます。引継ぎ式を経て、新役員での活動がスタートする予定ですが、今年の生徒会役員も話していたように、少しずつ生徒会活動も再開していけるよう願っています。

 また、今回の選挙に伴い、本庄市選挙管理委員会様より投票箱、投票所の会場設営道具をお借りし、投票用に使い捨て鉛筆を100本寄贈していただきました。使用後、大切に持ち帰った生徒もいます。ご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

小学部 ボール投げ教室

 今月もボール投げ教室の日が来ました。少々冷たい風は吹いていましたが、子どもたちは今日も元気いっぱいで、講師の「熱べえ先生」たちと一緒に活動しました。今回は小低の児童の活動の様子を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「終わりの会」の中で、講師の先生方から「真っ直ぐにボールが投げられていてびっくりしました。上手だったね」や、「もうすぐ冬休みですね。冬休みに雪が降ったら、本物の雪でボールを作って雪合戦をしてみましょう!」というお話がありました。最後に、年末なので「良いお年をお迎えください」と元気な声で挨拶し終了となりました。

 講師の先生方、寒い中ありがとうございました。3学期もよろしくお願いいたします。

 

 

高3 修学旅行

 17日(金)、高等部3年生は修学旅行で秩父方面へ行ってきました。当日は全員参加し、日帰り旅行を楽しんできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当日の活動の様子です。

【埼玉県立自然の博物館・見学】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ちちぶ銘仙館・藍染体験】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ゆの宿 和どう・昼食】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【富田農園・いちご狩り体験】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰校後の生徒たちに感想を聞いてみると、目を輝かせて「楽しかったです!」と興奮気味に伝えてくれました。具体的にもう少し質問してみると、「藍染体験、いちご狩りは初めてやったので、面白かったです。」「昼食が、懐石料理で大人な感じがしました。」「藍染でできあがったハンカチは、それぞれ個性が出ていて素敵な柄になりましたよ。」「全部楽しかったから良い思い出です。」等答えてくれました。それぞれが学校生活最後の大きな行事を学年の友だちと充実して過ごせたようです。

 コロナ禍での行事実施にあたり、再三の実施計画見直しが繰り返されました。感染予防対策を講じ、無事に実施できましたのも保護者の皆様のご理解のおかげと感謝申し上げます。また、実施に当たりご協力いただいた旅行会社様にも、お礼を申し上げます。

 高等部3年生の生徒たちが残りの学校生活を有意義に過ごせますよう、引き続き皆様からのご支援をお願いいたします。

 

 

中学部 授業参観・作業製品販売会

 中学部ではハートまつりの代替行事として、保護者限定で作業製品の販売会を実施しました。

 各作業班の販売の様子です。

【家庭班】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【紙すき班】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【焼き物班】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染予防対策を講じ、学年毎に時間を区切っての販売となりましたが、多くの保護者の皆様にご来校いただき大盛況でした。生徒たちは、これまでの作業学習や校内実習で作りためてきた製品を、一生懸命販売することができました。ご家族の方々が見に来てくれて、とても嬉しそうな表情で活動できました。

 また、参観後の感想を保護者の方に聞いてみると、「規模が小さくて寂しい気もするけれど、何よりできたことが、良かったですよ。」「お友達と楽しそうにやっている様子が見られて良かったです。」「商品をゆっくり見られて、子どもたちとお話ししながら買い物ができて良かったです。」「従来通りの、賑やかなハートまつりも見てみたいですね。」等のお話を伺うことができました。

 一日も早く、子どもたちの学習の様子を多くの方々に見ていただける日が来るよう願っています。本日ご多用のところご来校いただいた保護者の皆様には、感謝申し上げます。素敵な製品が、愛用されますように。

 

中学部授業参観(作業製品販売会)前日準備

明日の中学部授業参観(作業販売会)に向けての前日準備が完了しました。子どもたちがそれぞれの作業班で一生懸命に作った製品です。

感染症対策のため、中学部の保護者様のみへの販売となりますが、子どもたちは日頃の頑張りを見ていただけるよい機会となります。

中学部の保護者の皆様お待ちしております。

不審者対応訓練

 本庄警察署生活安全課様にご協力いただき、本年度2回目の不審者対応訓練が実施されました。

 

 

 

 

 

 

 初期対応の訓練の様子を見ていただいた後、留意すべきこと、改善点についてご助言を受け、適切な「さすまた」の使い方についてご指導いただきました。

 

 

 

 

 

 

 訓練終了後、「児童生徒と教職員の安全を第一に考えること」「不審者に対しては遠慮せずに応援要請や通報等をすること」を最優先して対応するようにとのお話がありました。また、本校職員の訓練に対する熱心さの評価もいただき、訓練を無事に終えることができました。

 今回いただいた反省事項を振り返って改善し、今後の学校生活に反映できるようにして参りたいと思います。本庄警察署様、公務ご多用の中誠にありがとうございました。今後とも、ご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

マスクの御寄付をいただきました

 この度、県立学校に対して「株式会社ポラスタン」より、サージカルマスクを寄贈していただきました。

 早速、児童生徒へ10枚ずつ配布させていただきます。

 

 たくさんいただいたマスクを児童生徒全員に配布するため、仕分け、各教室への配布は高等部生徒の協力を得ました。

 

 

 

 

 

 

 今後の感染予防対策に活用させていただきます。「株式会社ポラスタン」様、誠にありがとうございました。

 

小低学習発表会

 小学部低学年では、今週2日間に渡りハートまつりの代替行事として学習発表会が行われました。感染予防対策を講じながら保護者の皆様にもご参観いただきました。

 体育館の入口では、各国の衣装を着た子どもたちのパネル写真がお迎えしました。

 

 

 

 

 

 

 発表会で、保護者の方々にに見てもらうために毎日練習を積み重ねた子どもたちは、会場にお家の方がいて大喜び!本番は練習の成果を充分に発揮することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 発表を終えた後の子どもたちに「緊張した?」と聞いてみると、「大丈夫!(パパとママが来てくれて)嬉しかったよ。」と笑顔いっぱいです。「誰が見に来てくれたの?」の問いには、「ママとおばあちゃん!!」と身体いっぱいに喜びを伝えてくれました。

 また、保護者の方からも、「見られて良かったです。」「家でも練習していたんですよ。」「かわいかったですね。」「とても良かったです。ありがとうございました!!」等の感想を伺えました。

 来年度は、感染状況も落ち着き、たくさんの皆様に子どもたちの学習の様子を見ていただく機会が増えますよう願っています。

 

 ご多用のところ、ご参観いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

 

高1 職場見学

 高等部1年生が、2グループに分かれて職場見学に行ってきました。

 Aグループは、実習等でもお世話になっている2つの作業所(B型・生活介護)を見学しました。施設内では、作業内容の説明を聞き、実際に利用者の方々が仕事をしている様子を見せていただきました。

【ワークみさと 様】

 

 

 

 

 

 

 

  

【山ばと作業所 様】

 

 

 

 

 

 

 

 

 Bグループは、企業と就労移行の作業所を見学しました。午前中は、本校就労支援アドバイザーとしてもお世話になっている國頭様がご勤務される「カインズ・ビジネスサービス」様に行き、社内を見せていただきました。一度帰校して昼食後に「陽(はる)」様に行き、説明等を聞いた後に身支度を整え、作業体験をさせていただきました。

【カインズ・ビジネスサービス 様】

 

 

 

 

 

 

【陽(はる) 様】

 

 

 

 

 

 

 帰校後、生徒たちからは、「大変そうだなあと思いました。」「自分が実際にあの仕事をやるとしたら、まだ難しそうだなと思いました。」等の感想が聞かれました。「(1月の)現場実習のイメージが持てましたか?」と質問すると、大きな声で「ハイ!」という返事がありました。今後、実習先が決まると打ち合わせを行って、初めての現場実習となります。一番寒い時期ではありますが、体調管理をしっかりして実習に臨んでほしいです。

 コロナ禍の中、本日の見学を受け入れていただいた各企業・施設の皆様には、ご多用のところご対応に感謝申し上げます。また、保護者の皆様には、体調管理や昼食の準備等、ありがとうございました。

 

 

中3職場見学

 中学部3年生は、職場見学で学区内の作業所の見学を行いました。

 

 

 

 

 

  

 作業所内に入り、作業内容の説明を聞いたり作業の様子を見学したりしました。新しい場所で、少々緊張してしまった生徒もいたようですが、職場の様子を友だちや担任と一緒に見学でき良い経験となりました。

 

 

 

 

 

 

 感染予防の観点から、実施内容を見直し短時間の見学のみとなりましたが、生徒たちにとっては自分の将来をより身近に考え始める良いきっかけになったことと思います。

 帰校後、生徒からは「卒業した先輩が一生懸命お仕事をしていました。私も頑張りたいです。」と、感想を聞くことができました。

 ナイスデイ様、本日はご多用のところ見学の受入れをしていただき、誠にありがとうございました。

 

小低学習発表会練習

 小学部低学年は、ハートまつりの代替え行事として学習発表会を計画しており、来週に迫った本番に向けて練習に励んでいます。

 今回のテーマは、「世界一周うたの旅~It's a small world~」です。子どもたちが皆さんをブラジル・ハワイ・日本にお連れします。

 今日は練習の様子を一部ご紹介します。

【ブラジルグループ】

 

 

 

 

 

 

 

【ハワイグループ】

 

 

 

 

 

 

 

【日本グループ 】

 

 

 

 

 

 

 今日の練習風景は、高学年の児童たちが参観しました。練習後、「じょうずだったよ。」「かわいかったよ。」等の感想が聞け、拍手をもらって小低の児童からも笑顔が見られました。

 来週はいよいよ本番です。久しぶりに保護者の皆様に参観していただく予定で計画中です。本番をどうぞお楽しみに。

 

 

租税教室

 今週、本庄税務署様にご来校いただき、高等部3年生を対象とした「税に関する学習」が行われています。

 

 

 

 

 

 

 授業の始めにDVDを視聴しました。内容は税の大切さについて生徒たちにとって分かりやすいアニメーションで、とても集中して視聴していました。

 その後、生徒たちからは口々に、「税金を納めないと生活が大変になる!」という感想が聞かれました。

 

 

 

 

 

 

 学習を進めていく中で教育関係費の話があり、1兆円の見本を実際に触れてさせてもらいました。この何倍ものお金が費やされていることを知りました。

 

 

 

 

 

 

 4月から社会人となる生徒たちに、納税についてとても丁寧に分かりやすく教えていただき、社会の一員として税に関する意識を持つ一助となる機会をいただきました。

 明日も引き続き、教室が開かれる予定です。本庄税務署様、公務ご多用のところ、誠にありがとうございます。

 

児玉保育園との交流

 今年度3回目の高等部農耕班と児玉保育園との交流学習が行われ、第2農場で育てた大根の収穫体験が実施されました。

 

 大根の畑まで、農耕班の生徒たちが園児の安全を確保しながら誘導します。

 

 

 

 

 

 

 3グループに分かれて、生徒がフォローしながら協力して抜いていきます。大きくて重たい大根。なかなか抜けません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 持ち運ぶのも大変なほどの立派な大根です。秋に一緒に間引きをした後も生徒たちが一生懸命育てて大豊作!!抜いた感触を体験し収穫した大根を目の前に、園児たちも大喜びです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 まだ残暑厳しい2学期当初に畝を作って蒔いた種から育てた大根を、園児が収穫する様子を間近で見て一緒に活動した生徒たちは、みんな口々に「嬉しいです!」「良かったです!!」と笑顔で答えてくれました。また、「今日はどんなことに気をつけながら一緒に大根を抜きましたか?」と質問すると、「小さい子が怪我をしないよう気をつけました。」や、「大根が折れないように、真っすぐ抜けるように助けてあげました。」等の感想も聞くことができました。

 

 

 

 

 

  

 今日収穫した大根は、園児が各家庭に持ち帰り、また給食の食材としても活用していただける予定とのことです。

 最後はお互いにお礼のあいさつを交わし、今日の交流学習は終わりとなりました。今後も、定期的に交流が続けていければと願います。

 児玉保育園様、ご協力ありがとうございました。

 

作業所フェア

 本日、進路指導部主催の作業所フェアが開催され、ご多用の中、本校学区内及び近隣より約20ヶ所の事業所様にご来校いただきました。希望された40名強の保護者の方々が参加され、各ブースで個別の相談を実施しました。

 学部毎に時間を区切り、感染予防対策をしながら相談を実施しました。ご協力いただいた事業所の方に相談内容を伺ってみると、小・中・高それぞれの年齢で保護者の悩みも異なるため、そのニーズに応じた情報提供をしてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年度初めて参加したという保護者から、毎年参加して殆どの事業所の話を聞いたという方まで様々ですが、今回得た情報を今後の進路選択に活かせるよう担任や進路担当とより細かく丁寧に相談を重ねていきたいと思います。

 本日、ご協力いただきました事業所の皆様、寒い中長時間に渡り誠にありがとうございました。

 

【R3年度 作業所フェア 参加作業所一覧】(敬称略・順不同)

・陽         ・スカイノート本庄

・3C本庄       ・ほーぷ

・えがお工房                  ・梨花の里

・デイケアひまわり       ・ひまわり

・つどい                         ・ソーシャルハウス藤岡

・まきの木                     ・はぐくみ園

・しくね育成園              ・ワーカーズ

・ナイスデイ                 ・スワンベーカリー

・ウェルビー高崎          ・はなわの杜

 

サッカー交流試合

 27日(土)に、県立深谷はばたき特別支援学校グラウンドにて開催されたサッカー交流試合に運動部生徒たちが参加し、行田特別支援学校、深谷はばたき特別支援学校、羽生ふじ高等学園の選手たちと交流試合を行いました。

 対外試合は久しぶりの開催となり、3年生以外は初めての参加となりました。事前に持ち物、駅や電車の集合・待ち合わせ車両の確認等の準備を丁寧に行い、当日を迎えました。

 緊張した様子で会場まで到着し、まずはウォーミングアップです。広いグラウンドで身体を動かし緊張を解します。

 

 

 

 

 

   

 交流試合ということで、男女とも2試合ずつ行いました。試合が進むにつれて少しずつ練習の成果が出せ、とても良いゲーム展開で試合をすることができました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、関係者のみで無観客試合となりましたが、この経験が次の大会だけでなく日常生活でも活かせることと思います。次の試合は、保護者の皆様に応援してもらえる場があるよう願い、開催にあたりご尽力いただいた皆様に、感謝したいと思います。

 

 

 

理学療法士(PT)巡回相談

 本日は解良PTが来校され、今年度2回目の巡回相談が行われました。今回は、中学部で希望があった生徒の相談と、前回相談した小学部の児童のその後の様子を参観していただき、午後、担任や保護者との面談で今後に向けての助言をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 解良先生は長く本校の特別非常勤講師を引き受けてくださっています。知的障害の特別支援学校における理学療法への相談内容としては、姿勢や、足(偏平足)等に関する内容が多く、相談後、少しでも生活しやすくなるように、作業の姿勢が整う椅子や、足の状態に合ったアーチサポートの提案ができるよう心掛けているそうです。

 多方面でご活躍の解良先生に、本校の感想をインタビューしてみたところ、教職員の熱心さや、構造化された教室で分かりやすい提示や活動に取り組みやすい環境設定の工夫ができているところ等を上げてくださいました。また、巡回相談における準備も細かい計画が立てられているため、事前の相談票を丁寧に読んだうえで「気合を入れて!」来校してくださるそうです。

 私たちは、身体への支援を要する児童生徒の相談が継続的にできることを大変ありがたく感じています。

 

 

 

 

 

 

 インソールを入れ、より安定した歩行ができるようになったか、確認していただきました。また、次回買い替えの際、靴の選び方のアドバイスは、担任から保護者の方々へお伝えする予定です。

 

解良理学療法士(Physical Therapist)

 専門性:基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の向上

 

小学部 ボール投げ教室

 7月以来久しぶりにボール投げ教室が実施できました。”熱べえ先生”他、講師の先生方が来校され、小学部高学年の児童が教室に参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、動いているボールを目がけて投げて当てる練習をしました。ボールが速くてなかなか当てるのが難しそうでしたが、ボールをよく見て投げていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、スタートラインから笛の合図で走り出し、熱べえ先生が投げたボールを取る練習です。

 

 

 

 

 

   

 最後に、走ってきて笛が鳴ったら熱べえ先生にボールを投げる練習です。

 

 

 

 

 

 

 少し冷たい風の吹く中でしたが、子どもたちは熱べえ先生たちと元気いっぱいに活動しました。まとめの中で、本校学校運営協議会委員としてもお世話になっている黒澤先生から「風邪をひかないように。また来月、元気に会いましょう。」とのお話をいただき、「はーい!」と大きな声で元気よく返事をすることができました。

 先生方、御多用のところ、本日もありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。

 

 

書初めのお稽古

 今年度も「書初め展」への出品に向け、毛筆に取組む季節となりました。廊下を歩くと、墨の良い香りが感じられ教室内はとても静かで、集中して自分の作品を仕上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

 高校生のお手本は古典を扱っており、条幅紙に一年生は楷書。二、三年生は行書で書きます。難しいお手本に一筆一筆集中して筆を動かしていきますが、一枚書き上げた後は緊張で相当疲れてしまうとのこと。それでも、書き上げた後の充実感を得てまた次の一枚へと気持ちを繋げていきます。

 

 

 

 

 

 

 書道指導者によると、高校生のお手本を書くときにはこの上の写真のような姿勢で筆を持った方がより安定した力で筆を動かし、仕上げられるとのことです。

 見事な作品の数々が、廊下に掲示されています。「書初め誌上展」での好成績も期待したいと思います。

 

 

高等部移行型 デュアルスタート

 先週から、高等部移行型の就業体験学習(デュアルシステム)が始まりました。昨年度はコロナ禍の為、実施を見合わせることとなり、今年度はより丁寧な準備を行い規模を縮小化、2.3年生の希望者が実施する運びとなりました。

 登校後、身支度等を整えて行き先毎に健康観察や諸注意を受けます。

 

 

 

 

 

 

 2年生にとっては初めての体験となるため、少々緊張している様子が見られます。3年生にとっても、就業体験学習の感覚を思い出すまでは少し時間もかかるかも知れません。これまでに積み重ねてきた作業学習と産業現場等の実習経験から、今回の学習が更に卒業後の進路決定に向けての良い体験になることと思います。

 

 

 

 

 

 

「行ってらっしゃい、お仕事、頑張ってきてください!」

受け入れ先として御協力をいただいている企業様に、感謝申し上げます。

 

 

中学部 校内実習

 本日から19日(金)までの5日間、中学部では校内実習が行われています。

 登校後、一日中作業班で活動し、午前も午後も作業学習に取り組んでいます。先週、事前学習で班毎のスローガンを発表しあい、それを確認しながら販売会に向けて製品づくりをしています。

【家庭班】

…かがやくせいひんを …ていねいに …いっぱい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【焼き物班】

…やるきマンマンで …きあいをいれて …もくひょうをもって …のりのりで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【紙すき班】

…かくじつにつくります …みんなでつくります …すてきなものをつくります …きょうりょくしてつくります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1年生にとっては、初めての校内実習です。担任やクラスの友だちと離れ、作業班の担当教員や先輩と過ごす5日間に、最初は不安もあるでしょうが、きっと乗り越えて自信をつけられることと思います。2,3年生も自分の目標を達成できるように取り組みつつ、先輩として後輩の手本となる姿も見られることでしょう。

 これまでの作業学習で作ってきたもの、今回の校内実習で作る製品は来月予定されている保護者向けのハートまつり代替え行事で販売する予定です。どうぞ、お楽しみに。

 

 

高1実習説明会

11月10日(水)

本日の午後、高等部1年生の保護者に、産業現場における実習の説明会を実施いたしました。25名程の保護者の方に御参加いただきました。

     

進路主事から、福祉就労・一般就労の雇用形態や月給、「働き方」の違いなどについて説明がありました。実習先を決める際も、どんな基準で選ぶのか、夢と現実の折り合いをつけるには等、参考になる助言がありました。

 

また、説明の中で「実習は家庭の協力が必要です!」と伝え、実習期間中に、3回は実習先を訪問してくださいと協力依頼がありました。

      

「①実習事前打ち合わせ」 「②実習初日の挨拶」 「③実習反省会」の3回です。

今後の手続き等について話をして閉会となりました。

本日は御多用のところ、御参加いただきありがとうございました。今後も、御家庭と協力して生徒たちの成長を支援できたらと考えております。

実習についても引き続き御理解・御協力よろしくお願いいたします。

次世代地域づくり会議

 本日、本庄市地域福祉課様主催の本庄市の次世代地域づくり会議【高校生の部】がオンラインで開催され、高等部生徒会役員の生徒3名が市内各高等学校の代表生徒たちと情報交換を行いました。

 

 

 

 

 

 

 本日のテーマは「民生委員・児童委員」に関することで、実際に民生委員さんも会議に参加してくださり生徒たちからの質問に応えてくださいました。また、生徒たちは事前にいただいた「どうやって民生委員・児童委員を知ってもらったらよいか?」という課題を話し合い、①放送やポスターで知らせる、②民生委員に学校に来てもらう、③授業で学習する。という3点についてを発表し、参加者と情報交換することができました。

 昨年度に引き続き、2回目の参加となった生徒たちにインタビューしてみると、「1回目より緊張しないで参加できました。」「考える内容が難しかったです。」「また次回も参加してみたいです。」等の感想でした。同世代の地域の仲間との交流から、良い刺激を受けられたようです。

 事前の参加者紹介資料に、「本校の自慢」という項目がありました。生徒たちの自慢(回答)を、併せてご紹介いたします。

 ~私たちの学校自慢~(原文まま)

 ・パラリンピックで卒業した先輩が活躍した。

 ・自校給食が美味しい。できたてが食べられる。

 ・作業の授業があって、違う学年の子達と仲良くなれる。

 ・みんな元気で明るい学校。

 

作業療法士(OT)巡回相談

 本日、今年度3回目となる作業療法士の巡回相談が行われ、希望があった小中学部の子どもたちの様子を参観していただきました。午後の保護者及び担任、それぞれとの面談等を通じて今後の支援についての助言をいただきました。
 

【授業参観の様子】

 

 

 

 

 今年度から、本校の特別非常勤講師としてご勤務いただいている作業療法士の井浦先生は、4月に世界自閉症啓発デーと発達障害啓発週間に、本庄市のはにぽんプラザで開催されたセミナーに参加していた本校PTA会長様とコーディネーターが、同会場で参加されていた井浦先生に会い、名刺交換をしたきっかけから繋がったご縁です。日頃は、高齢者施設で作業療法をされていますが、作業療法士を目指すきっかけが子供たちへの発達支援の一助となりたいとのお考えから、地域の子供たちの役に立てることがあればと、引き受けてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 巡回相談で来校する度に本校職員の熱心さを感じ、毎回楽しみにしてくださっているそうです。面談の場で専門的な内容をどのように伝えれば分かりやすく、今後に役立ててもらえるかを工夫しながら話すことも、ご自分の勉強にもなるとおっしゃってくださいました。

 私たちは、その助言から得たことを実践の場で活かせるようにしていきたいと思います。

 

井浦作業療法士(Occupational Therapist)
 専門性:作業を通した動作能力又は社会的適応能力の向上

 

 

高等部ハートまつり代替行事

 本日、高等部ではハートまつりの代替行事として、保護者向けに、作業学習で取組んだ製品などの販売会を行いました。

 感染予防対策や、会計、会場設営、運搬、お客様への対応等を、各作業班で係分担し、お互いに協力し合って実施しました。

【メンテナンス班】       【クリエイト班】       

 検温チェックと消毒のお願い   会計   

 

 

 

 

 

 

 作業学習で取組んだ製品や作物等の販売の様子

【リサイクル班】        【農耕班】

アルミ缶キャンドル 石鹸他   大根、薩摩芋、豆菓子他

 

 

 

 

 

 

【木工班】           【家庭班】     

マルチストッカー、車 他        バッグ、クッション 他

 

 

 

 

 

 

【焼き物班】        

お皿、フリーカップ他   

 

 

 

 

 

 

 販売時間を学年毎に区切って、感染予防対策を講じながらの販売会となりました。ご来校いただいた保護者の皆様には、検温・消毒等のご協力に感謝申し上げます。

 また、本日は第2回学校運営協議会が開催され、委員の皆様がご多用の中ご来校くださり、今年度前期の学校の取り組みについて報告し、今後に向けてご意見をいただきました。その会議の中で、クリエイト班の生徒たちがコーヒーをお届けし、接客の様子を見ていただき、校内見学の折に販売会の様子も参観していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 放課後、教職員向けの販売会が廊下で行われ、生徒たちの力作を手に取る職員で販売エリアが賑わいました。

 

 

 

 

 

   

 コロナが終息し、生徒たちの学習の成果をもっと多くの方々に見ていただける日が来てほしいと願っています。

 

正門花壇植栽

 高等部1年の生徒たちが、正門花壇の手入れをしました。

 まずは、枯れた葉の片付けと土造りからです。

 

 

 

 

 

   

 続いて、ひとつずつパンジーの苗を植えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に散水し、彩りもきれいに仕上がりました。

 

 

 

 

 

                                   

 御来校の際には、生徒たちが手入れした花壇を見ながらお通りください。

 

中学部 運動会

 本日、天候にも恵まれて中学部の運動会が予定どおり実施できました。

 

3年生の生徒による選手宣誓でスタート。

練習どおり、大きな声でハッキリ言うことができました。

 

 

 

 

 

続いて準備体操です。

朝礼台で体操する見本の生徒を見ながら、各自が体操をしました。

 

 

 

 

 最初の種目は徒競走です。50Mを自分の力で精一杯走りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、玉入れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に、ソーラン節を踊りました。本番で法被を着て踊る姿は、とても立派で「どっこいしょ どっこいしょ」の掛け声と力強い踊りを校庭いっぱいに表現することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染予防対策を講じながらの運動会実施となりましたが、生徒たちは練習の成果を充分発揮し、競技や演技をしました。この経験でまたひとつ自信をつけ、今後の学校生活に生かしていけると思います。

 保護者の皆様には、家庭での体調管理や準備等大変お世話になりありがとうございました。

 

中学部運動会に向けて

 今週の金曜(29日)に、中学部の運動会が予定され生徒たちは体育の時間を中心に、練習に励んでいます。

 3年生の「キッズソーラン節」の練習風景です。「どっこいしょ どっこいしょ」と元気な掛け声が、校舎の中まで聞こえてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仕上がりも上々。本番での披露が楽しみです。

 

 また、2年生は職業家庭の時間に、練習で着用したハチマキの洗濯をしました。きれいに洗ったハチマキで、当日を迎えます。

 

 

 

 

 

 

 予報では金曜日の天気は恵まれ、運動会が実施できそうです。練習の成果を発揮できますように。当日の模様は、またご紹介いたします。

 

 

寄居PA植栽作業

先日、高等部クリエイト班が東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)様と共同で、関越道・寄居PA(下り線)の植栽作業を実施しました。

 

今回の植栽作業は、NEXCO東日本様が展開する「高福連携(高速道路を通じて地域社会の活性化を目指す取組)」の一環で行われたもので、今回が2回目となります。

 

 

まずは担当の方からの作業内容の説明。今回はビオラの定植です。前回より多い1200株を担当しました。

 

  

苗が傷つかないように、そして苗同士の間隔に注意しながら定植しました。

 

 

作業は約1時間半で完了。今回もNEXCO東日本様にプレートを用意していただきました、ありがとうございます。

 

 

すでに花を咲かせたものもありますが、ビオラの見ごろは11月下旬ごろになりそうです。関越道を御利用の際は、ぜひとも寄居PA下り線の花壇を御覧ください。

北泉公民館との交流(高等部リサイクル班)

 現在高等部では、今年度第2回目の産業現場等実習が実施されています。2,3年生の多くの生徒が、ご協力いただいている企業や作業所で実習をさせていただいています。校内では、1年生を中心に校内実習を行っており、作業班単位で朝から下校まで活動しています。

 先日、リサイクル班では収集したペットボトルの分別・洗浄、仕分けを終え、北泉公民館のリサイクルコーナーに届けに行きました。

 公民館に到着すると、本校学校運営協議会委員でもお世話になっている館長の丸橋様が出迎えてくださり、感謝の言葉をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 仕分けたペットボトルをリサイクルコーナーへ置かせてもらい、一仕事終えて帰校する表情は、満足感に溢れています。

 通常日課の作業学習は午前中のみとなりますが、校内実習期間は一日を通して作業計画が立てられます。午前中に仕分けたリサイクル品を、午後、自分たちで公民館に運んで届けるところまで活動できるのも、生徒たちにとっては、意欲をもって働くことを学ぶ機会となるようです。

 北泉公民館様、日頃から本校へのご支援をありがとうございます。

 

 

児玉保育園の園児と大根の間引き体験

10月20日(金)

本日、児玉保育園の園児を招いて、高等部の農耕班の生徒と一緒に大根の間引き体験を行いました。

        

最初はお互いに緊張した様子でしたが、大根を抜き始めると、本校の生徒からは「これを抜いた方がいいよ」、「できないときは一緒にやるからね」と声をかけていました。園児もそれに応じて「これ抜く!」「次は僕の番だよ」と話しながら収穫体験を行いました。

    

大根を抜き始めると、思ったよりも力が必要だったようで、「できなーい」、「抜けなーい」と半分諦めて、高等部の生徒に助けを求め、一緒に抜いていました。本校の生徒も丁寧にやさしく話しかけながら、園児と一緒に作業を行いました。

   

最後は、空いたスペースで土遊びの時間を設けると、みんなで楽しく遊んでから、園に戻りました。

        

児玉保育園の皆さん、大根の収穫お疲れさまでした。

次回は、大きく育った大根の収穫体験にいらしてください。お待ちしています。

       

小学部6年 修学旅行

 15日(金)、小学部6年生は修学旅行で秩父方面に行ってきました。当日は、秋晴れの良い一日で気温も高く、予定していた行程を全員で楽しんでくることができました。

【小松沢レジャー農園】ブドウ狩り・魚釣り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【秩父高原牧場】        【秩父ふるさと館】

動物ふれあい体験        型染め体験

 

 

 

 

 

 

 自然に触れ、美味しい秋の味覚を味わい、記念になる染め物作りの体験ができました。小学部時代の思い出がひとつ加わったことと思います。

 保護者の皆様におかれましては、事前準備、健康観察、お迎え等大変お世話になりました。

 

 

日本新記録が更新されました!

 本校卒業生の小久保寛太さんが、東京パラリンピックで日本新記録を更新したことに伴い、本庄市役所様立会のもと業者の方による廊下掲示の記録と大会結果を更新していただきました。

 

 

 

 

 

 

 最新版掲示物です❕

 

 

 

 

 

 

 

 

 早速、その記録を確認する職員で盛り上がっています。

 

 

 

 

 

 

本日の練習前に小久保選手も確認、記念撮影をしました‼

 

 本校に御来校の際は、どうぞご覧ください。

 本庄市役所様、いつも多大なるご支援誠にありがとうございます。

 

言語聴覚士(ST)巡回相談

 緊急事態宣言が解除となり、10月に計画されていた特別非常勤講師の巡回相談が再開され引き続き感染予防をしながら、実施されています。

 今日は言語聴覚士(Speech Therapist)が来校され、小学部で希望があった児童の巡回相談が行われました。

【個別観察の様子…口の動かし方等を、見ていただいています。】

 

 

 

 

 

 

 午前中の授業や給食を食べる様子を参観し、その後、今日の様子について保護者・担任面談が計画され、ニーズに応じた助言をいただきます。

 

 早坂STに巡回相談を引き受けていただいてから、5年以上が経過しました。毎回、楽しみに来校してくださっているそうです。その理由として、相談を受けた児童生徒の経過を知り、成長が見られること。保護者の方々や担任と直接面談して観察の様子を伝えられること。また、他の生徒からも、「こんにちは」と元気よく挨拶してもらえること。職業教育についての大切さも改めて感じられているそうです。

 私たちも、明日からの指導・支援に向けた助言を受けられる巡回相談の日を楽しみにしています。

 

【早坂言語聴覚士の専門分野】

①コミュニケーション障害(吃音、失語症、言語発達遅滞、先天性難聴、構音障害、後天性難聴、音声障害、環境性言語発達遅滞)

②食べることの障害(摂食・嚥下障害)

 

 

SB部活

 高等部の部活動には、自主通学生徒が参加する運動部と、主にスクールバスで登下校する生徒が参加するSB部活の2つがあります。SB部活は、毎週水曜日に実施され、現在はカローリング(カーリングのフロアバージョン)を本校流にアレンジした競技に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

    

 赤・青のチームに分かれ、一人ずつ順番に線からストーンを投げます。力加減が強すぎても弱すぎても好位置で停止せず、なかなか高得点を取るのが難しい競技です。選手全員が投げ終わった後の得点数でどちらが勝ったか、競い合います。

 

 

 

 

 

 

 チームメイトが投げ終わった後は、どんな結果でも拍手をしたり声を掛け合ったりしますが、最高得点の5点が入った時の喜び方はひとしおです。

 ここでの経験が、冬季オリンピックで繰り広げられる本物のカーリング観戦をする際に、より興味をもてるのではないかと思います。

 

中学部3年 修学旅行

 8日(金)、中学部3年生は修学旅行で飯能市のムーミンバレーパークに行ってきました。

 当日は、秋晴れの良い一日で、生徒全員が元気に行ってこられました。

 パーク内では、レストランでの昼食、缶バッチ作り、買い物やファンモック体験、散策等の予定通りの行程を、満喫してくることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北欧の世界を感じられた一日、中学時代の良い思い出になったことと思います。

 保護者の皆様におかれましては、事前の準備や体調管理、当日のお迎え等、大変お世話になりました。

 

地域との交流

 高等部メンテナンス班は、本庄高校でも校外清掃活動をしています。この取り組みは、今年度で4年目を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 コロナ禍の前は、運動部の生徒たちが本庄高校バスケットボール部と合同練習を行い、部活交流していました。緊急事態宣言が解除となり、久しぶりの来訪となりましたが、生徒たちの作業の様子を本庄高校でも昇降口や窓、扉がピッカピカになったことをHPで紹介いただきました。

 

 放課後の部活動の様子です。2学期から運動部の活動内容がサッカーになり、生徒たちは来月開催予定の大会に向けて練習に励んでいます。学校の校庭ではスペースに限りがあるため、美里町のグラウンドをお借りして練習をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらの美里町運動広場は、10年以上練習場としてお借りし月に数回こちらで練習させてもらっています。生徒たちも広いグラウンドで、力いっぱいボールを蹴りプレーしています。

 

 地域のご協力を得て、今日も本校の児童生徒が活動しています。

 

ボランティア養成講座

 今年度も学校支援ボランティア養成講座を開設しています。

 本校コーディネータから、講座の趣旨についての講義を受け、その後、ボランティア体験をしていただきました。

<講義の内容と受講者の様子>

・特別支援学校について

・児童生徒との関わり方について

・支援籍学習と共生社会について

 

 

 

<ボランティア体験の様子>

 担任から、児童への支援について等、直接お伝えしてから一緒に活動していただきました。

 

 

<小1リトミック>       <小5図工>

 

 

 

 

 

 

 講座に参加されたボランティアさんは、本校に通う子どもたちとの関わりを通じて、学んでみたいと思っていることを直接体験してみたり、将来に役立てたいと考えながら今回の講座を受講したそうです。

 この講座を無事終えた方は、今後本校のボランティアとして来校し、児童生徒と一緒に活動してもう予定です。

 

善意のリレー 

9月30日(木)

この度、本庄市よりマスクをいただきました。

このマスクは、新型コロナウィルスワクチンが不足している台湾に対し、日本から124万回分のワクチンを送ったことに対するお礼として、台湾の企業から寄贈されたものです。

       

本庄市は、「一つの善意が次の善意を生み、それが循環する関係が続いています。このことを、ぜひ次代を担う子供たちに伝えたい。」という思いから、市内の中学生及び特別支援学校に配付してくださいました。

     

日本、台湾、本庄市と善意のリレーをつないで、緊急事態宣言後も、マスクの着用・手指消毒を続け、新型コロナウィルス感染予防していきましょう!!

 

 

小学部 昼休み

 美味しい給食を食べ終わった後、小学部の子どもたちにとって大好きな時間、それは昼休みです。秋晴れの良い日に、外で元気いっぱい走り回る姿が見られ、楽しそうな声が校庭のあちこちから聞こえてきます。

 

 

 

 

 

 

 順番を待って遊具で遊んだり、係の活動で草花の水やりや学級花壇の手入れをしたり、それぞれが身体を動かして友達や教員と一緒に関わり合いながら過ごしています。

 

 

 

 

 

 

 明日から緊急事態宣言が解除となります。引き続き、ご家庭での感染予防にご協力をいただき、安心・安全な学校生活が送れるようにしていきたいと考えています。

 

避難訓練

 今年度2回目の避難訓練が行われました。

緊急地震速報が鳴り、教頭から「訓練、訓練、ただ今大きな地震が発生しました。避難口を確保し、机の下に避難して地震がおさまるまで待ちなさい。」という放送が流れると、担任の指示で一斉に机の下に避難します。

 

 

 

 

 

 

 続いて、地震による火災の発生を想定し、ただちに校庭へ避難しました。通常であれば、消防署の方に御来校していただき訓練の様子を御指導いただくところですが、緊急事態宣言中のため校内のみでの実施となりました。全体的に落ち着いて避難できました。

 

 

 

 

 

 

 校長から、短時間で避難できたことへの評価と「お・か・し・も・ち」のルール確認がありました。また、担当からは、もう一度避難訓練を予定しているので、今日の訓練で学んだことを忘れず訓練に参加しましょう。という話がありました。

 

喫茶「クローバー」です!

 高等部・クリエイト班の活動のひとつに、対人関係やコミュニケーションのスキルアップをねらいとする、喫茶「クローバー」の取り組みがあります。

「トン・トン・トン・トン 

 高等部・クリエイト班の〇〇です。

 コーヒー販売に参りました。

 入ってもよろしいでしょうか?」

 入室許可を得た生徒が、来室します。

 

 

 

 「アイスコーヒーとホットコーヒーがありますが、どちらにしますか?お砂糖、ミルクは必要ですか?」と、一つずつ丁寧にメモを取り「少々、お待ちください。」と言って、オーダーを取り終わります。

 

 

 

 

 

 

 「コーヒーをお届けに参りました。」と出来たてで、美味しい香りのコーヒーを届けに来てくれます。会計をすませ、教員から「いただきます、ありがとう。」と声をかけられると、とても嬉しそうに「ありがとうございます。またお願いします。失礼しました。」と元気よく挨拶をして退出していきます。

 注文を取る際のマニュアルがあり、それを練習してから実践の場を経験することとなります。教職員も少し難しい注文を質問をすることもあり、マニュアルにないその場での対応も、生徒たちにとっては学びの場となっています。

 

 

栄養についての学習

 今回は、栄養教諭による「栄養について」の学習の様子をお伝えします。

 この日は、ゲストにお肉大好きティラノ君と、何でも大好きチコちゃんが来てくれて、赤・黄・緑の三大栄養素について一緒に学習しました。

 

 

 

 

 

 

 お肉大好きティラノ君の悩みはウンチが硬いこと…それを聞いたチコちゃんが、赤・黄・緑の食材をバランスよく食べることが身体に良いことを教えてくれ、生徒達も実際にカテゴリー分けをしてみました。

 

 

 

 

 

 

 暑さ寒さも彼岸までとはよく聞きますが、「食欲の秋」です。季節の食べ物をバランスよくいただきたいと思います。

 さて、今日は「十五夜」です。今日も本校の給食はバランスよく美味しく調理されています。今日の献立は「お月見メニュー」です。給食室前の展示コーナーには、季節を感じられるような工夫がされています。

 実際の献立は、本校HPの「給食室より」のコーナーにて写真を掲載しておりますので、そちらをご覧ください。

 

ゴミの分別をしよう!

 中学部1年生では、「職業・家庭」の時間に弁別の学習をしました。今回は、”弁別して地球を救おう!”というテーマで、アルミ缶とスチール缶の見分け方の違いを知り、実際に弁別してみました。

 

 

 

 

 

 

 アルミ缶は柔らかくて潰しやすい、スチール缶は硬くて潰しにくく磁石にくっつくという特徴を学びました。家庭でもリサイクルに取り組めるように、まずはアルミ缶かスチール缶かを確かめ、アルミ缶を段ボールの上で潰しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週分別した缶と、先週学習したペットボトルを併せて、日頃から大変お世話になっている北泉公民館様のリサイクルコーナーに届けに行く予定です。

 今回学習したことを家庭での弁別、リサイクル方法にも役立てられることと思います。

 

応援グッズを寄付していただきました!

 本庄市役所、オリパラ支援室様より、東京パラリンピック聖火リレーの応援ペンライトを300本寄付していただきました。

 本日、児童生徒に1本ずつ配布させていただきました。

 パラリンピックの熱意と感動を再び味わいたいと思います。本庄市役所(オリパラ支援室)の皆様、ありがとうございました。

 

 

高1,2 校内防災学習

 今月計画されていた、埼玉県防災学習センターでの社会体験学習が中止となってしまったため、高等部1年生と2年生は校内で防災学習を行いました。

 学年ごとに実施日を設定し、学級・グループに分かれて①消火器体験②パネル鑑賞③ビデオ視聴の3つの活動をしました。

 

 

 

 

 

 

 消火器体験。(消火器は、本校が日頃からお世話になっている、児玉郡市広域消防本部様より水消火器をお借りしました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東日本大震災のパネル鑑賞、ビデオ視聴。(資料は、埼玉県防災学習センター様よりお借りしました。)

 

 

 

 

 

 

 現地での体験は実施を見合わせることとしましたが、各所からいろいろな物をお借りすることができ、学校で落ち着いた学習に取り組むことができました。

 今回の疑似体験で得られたことを、今後の生活の中で活かせると良いと思いますが、何より災害が起こらないことを願ってやみません。

 

 

小久保先輩、凱旋!

 今日は、小久保先輩がパラリンピックの報告に来校してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染予防対策のため、リモートでの報告会となりましたが、先輩が報告に来てくれるのを後輩たちはとても楽しみに待っていました。

 報告会では、ご本人から「東京パラリンピックで自己新記録を更新しました」「目標にしていた7mを跳ぶことができました。一本目で記録がでてビックリしました」等のお話を聞くことができました。

 後輩から、代表の挨拶があり、児童生徒みんなで作った横断幕の贈呈が行われました。

 

 

 

 

 

       

 小久保先輩は、「このメッセージのおかげで、7m跳べました!」と後輩たちに感謝の言葉を述べてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、後輩たちからも色々な質問が寄せられました。小久保先輩が在学時代から彼をあこがれていた生徒たちです。「何を食べたらそんなに強くなれますか?」「夏休みはありましたか?」「どんなトレーニングをしていますか?」等、一生懸命質問してくる後輩たちに、小久保先輩も一つ一つ、とても真摯にそしてあの爽やかな笑顔で応対してくれました。

 最後に、今後の抱負を話してくれました。7m20cmに記録を伸ばすこと、3年後のパリ・パラリンピックでのメダルを目指し、まずは来年神戸で開かれる世界パラ陸上で成績を残すことを目標にしていくそうです。

 今後も大ジャンプの力となれるよう、ここ本庄から、小久保先輩の応援を続けていきましょう。小久保先輩、本日はご多用のところ、ご来校ありがとうございました。かっこいいジャンプを、また見せてください。

 

ベルマークを寄付していただきました!

 東和銀行様より、ベルマークの御寄付をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 地域貢献活動の一環として収集されたベルマーク、67,816点を従業員組合の方が届けてくださいました。

 今後、PTAの進路対策部会が中心となり、本校のベルマークと合わせ、教育活動で活用したい教材希望を集約、選定し、教育機器の購入に使わせていただきたいと考えております。

 東和銀行様、この度は誠にありがとうございました。

 

 

小学部 3年生身体測定

 今回は保健室での活動の様子をご紹介します。学期の初めには、身体測定が行われ、身長と体重を測ります。夏休み後に子どもたちと会うと、身長が一気に伸びたなと感じる子が何人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 体重を測るのは慣れている子が多いのですが、身長を測るのはちょっとドキドキ。「かかとをつけて」「お膝はまっすぐね」「あごを引いてね」…と、養護教諭からの声がけを受けて、計測の姿勢を取ります。「〇㎝伸びたね!」と言われて、ニコニコ笑顔になるのが印象的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 体重の測定も終わって、「ありがとうございました!」と挨拶して廊下で学年の友だちが終わるのを待ちます。とても静かに、待つことができるようになって、そんなところからも成長が感じられる一幕です。

 

 

 

 

 

 

 2学期当初の身長体重の記録は、今後保健室より「けんこうの記録」が配布されますので、そちらでご確認下さい。

 

小学部2年生 体育

 平常日課に戻り、子どもたちの活気あふれる元気な声が聞こえてきます。

 今日は、小学部2年生の体育の様子の紹介です。まず、教室で準備体操をした後に、廊下に出て「走る」運動です。「走る」活動をするときに流れる音楽が聞こえてくれば、場所が体育館から変わっても戸惑いません。

 

 

 

 

 

 

 続いて、教室に戻って「投げる」「蹴る」「取る」運動です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 使った球は、みんなで片づけて終了です。感染予防対策をしながらの生活が続きますが、工夫しながら身体を動かす活動も取り入れています。

 また、今週より前期・後期に分かれて2週間ずつ4名の学生が教育実習をしています。将来、特別支援学校の教員を目指して頑張っている学生です。子どもたちと積極的に関わり、実りある実習にしてほしいと願っています。ご協力、よろしくお願いいたします。 

 

小久保先輩の激励会

 明日(9月4日)、東京パラリンピック陸上競技に出場する本校卒業生、小久保寛太選手の激励会が行われました。

 

 

 

 

 

 

 始めに、パラリンピックとはどんな大会か説明があり、小久保先輩のこれまでの取り組みの様子を視聴しました。先輩の活躍がまとめられた動画を、みんなとてもよく見ていました。

 

 

 

 

 

 

 先輩が金メダルの飛躍を期待し応援メッセージを書いたり、動画を撮ったりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本庄特別支援学校の後輩たちの想いが、新国立競技場の小久保先輩に届き、明日のジャンプのより力強い踏切りに繋がることでしょう。

 

2学期、スタート

 待ちに待った新学期がスタートしました。今日は朝から霧雨が降り、肌寒いような気温でしたが、バスから降りてくる子どもたちは元気いっぱいで、大きな声で挨拶しながら教室に向かっていました。

 

 始業式はリモートで行われました。「これから、始業式をはじめます!」

 

 

 

 

 

 

 各教室に分かれ、感染対策をしながらモニターを見て話しを聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 長い2学期が始まりました。まだまだ心配な状況が続いています。ひとつひとつ丁寧に感染予防対策を講じながら児童生徒が楽しい学校生活を送れるよう、学校とご家庭等で協力し合って進めていければと考えています。

 2学期もどうぞよろしくお願いいたします。

マナー研修会

 暑い日が続く中ですが、皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 夏休みも残り少なくなり、来週からの2学期スタートに向けて教職員は準備を重ねているところです。そんな中、本日、進路指導部主催の職員研修会が開催され、外部講師の先生をお招きし、感染予防対策を行いながら、実施されました。

 『マナー研修会』~社会人としての教員のマナー~

 はじめに、なぜマナーが必要なのかの話を伺い、お辞儀の仕方や、話し方を良くするためのトレーニング等を実技を交えて研修しました。

【お辞儀の仕方】

 

 

 

 

 

 

【話し方のトレーニング】

 

 

 

 

 

 

 講師の先生には、今年度も高等部の進路学習で授業をしていただいています。今後も、ご来校いただいたく予定があります。その際、研修者は、名前を添えて、こちらから先に明るく大きな声でご挨拶できるようになっていることと思います。また、児童生徒の指導支援や、保護者の皆様、外部の方々と対応する際に、今日の研修の成果を活かしたいと考えます。

 

 9月1日より2学期がスタートします。まだまだ、コロナ禍において心配事がありますが、感染予防対策を講じながら安心安全な学校生活を送っていけるように取り組んでまいります。

 皆さん、来週から学校が始まります。皆さんと元気に会えることを願っています。

 

職員全体研修会

 本日、本校研究部主催の「職員全体研修会」が開催されました。

 講師に、国立大学法人筑波大学付属桐ヶ丘特別支援学校校長 下山直人様をお迎えし、「新学習指導要領の下での教育課程における各教科や合わせた指導の在り方」という内容で御講演いただきました。

 昨今の事情を鑑み、オンライン形式での実施としたため本校の職員だけでなく、他校より希望された教職員の皆様にも多数御参加いただきました。

(写真は本校職員の研修風景です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 御講演の内容は大変具体的で分かりやすく、2学期からの授業づくりの改善に向け、たくさんの御助言をいただきました。

 下山先生、本日は公務御多用の中、御講演賜りありがとうございました。先生から頂戴したメッセージを受け、児童生徒に質の良い授業が展開できるよう、取り組んでまいりたいと思います。

 

 また、本日は夏季保護者面談の最終日となりました。保護者の皆様におかれましては、猛暑や悪天候の中御来校くださりありがとうございました。今回の面談で情報共有できたことを、今後の指導支援に反映していきたいと考えます。

 

 

横断幕が掲げられました

 正門を入ると、正面に小久保寛太選手(卒業生)の東京2020パラリンピック競技大会出場をお祝いする大きな横断幕が掲げられています。

 また、日頃より本校に御支援をいただいている本庄市で壮行会を開いてくださり、小久保選手とコーチの樋口教諭が参加いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 市長様より、花束と激励の御言葉を頂戴し、小久保選手は「がんばります!」と意気込みを発表しました。

 

 パラリンピックまであと1ヶ月。毎日、校庭の小さな砂場で、練習に励んでいた小久保選手です。「調子はどうですか?」との質問に、笑顔で「良いです!」と答えてくれました。代表決定前の不安な面持ちは消え、期待に胸を膨らませている様子が感じ取られました。

 『金メダル目指して…大ジャンプ!』

 

夏休み 部活動

 夏休みが始まりました。児童生徒が不在の学校はとても静かで寂しいものですが、本校の体育館からは今日もバスケットボールの弾む音が聞こえてきます。運動部の生徒が朝から汗を流して練習に励んでいます。

 

 

 

 

 

 

 放課後の部活動より長い時間となりますので、コーチから一つ一つより丁寧に指導を受けられます。

 

 

 

 

 

 

 暑い中、みんなで集中してボールに気持ちを向け、仲間に声を掛け合い、一生懸命プレーしています。

 

 

 

 

 

 

 8月下旬に予定されている交流戦目指して、頑張れ運動部生徒たち!!

 

 また、卒業生の小久保先輩がパラリンピックに出場することを受け、運動部の後輩たちが読売新聞社様の取材を受けました。

 

 

 

 

 

 

 この記事は、「埼北よみうり」8月13日号で特集される、パラリンピック選手への記事”ファイト!母校からのエール”で取り上げられる予定です。お楽しみに。

 

1学期も本日で終了です

7月20日で1学期が終了となりました。

パソコン室から各教室に映像をつないでの終業式となりました。

      

教頭先生の挨拶に始まり、校長先生の話、硬筆展・陸上大会の表彰がありました。

     

学習発表では、小学部高学年の運動会の様子が映像で流れました。

6年生の教室では、運動会の様子を見ながら「すごいね。」「きれいにできてるね」などの感想を言うお子さんの姿もありました。

     

その後、夏休みのお約束をみんなで確認しました。

     

それぞれの教室で、真剣に話を聞いたり、学習発表を見たり、リモートでも終業式を行うことができました。

保護者の皆様1学期は大変お世話になりました。

来週から個別面談などがありますが、引き続きよろしくお願いします。

本庄特別支援学校の皆さん!!9月に元気な笑顔で会いましょう!!

 

 

ローソン移動販売車を利用した 買い物学習

 「新しい生活様式」での学校生活が続き、買い物学習等の校外活動が制限される中、ローソン深谷榛沢新田店様に御協力いただき移動販売車を本校にお招きして、買い物学習の体験をしました。

 事前学習で、指定金額内の中で商品を考え、その用紙を見ながら自分で買いたいものを選びました。

 

 

 

 

 

     

 お店の方にお支払いしてお釣りをいただき、用意したエコバッグに自分で詰めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回体験したことを、水曜日からの夏休みでお家の方と買い物する機会に生かせると良いですね。

 ローソン様、御協力ありがとうございました。